当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

脳卒中・パーキンソン病への取り組み

YNSAⓇの鍼施術の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病といった疾患に対して取り組んでいるところです。

脳内の障害を受けた組織を変化・改善させることは難しいと思います。

しかし障害を受けていない部分の働きがよくなり、

脳内と身体全体の働きがよくなり生活の質の改善することは可能と考えます。
例えば

無気力な状態から表情が明るくなり、家族と話をするようになる。

リハビリに意欲的になる。

怒りっぽく興奮しやすい状態から穏やかになる。

痛み・シビレがへる。

お通じがよくなる。

震えが少なくなる時間が増える。

麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。

着替えがしやすくなる。人に手を動かしてもらっても痛みが減る。

等が少しでも楽になることです。

YNSA(山元式新頭鍼療法)Ⓡの施術によって少しでも生活の質に改善が見られる可能性があります。

施術を続ける意味はあります。

私たちは、辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。

鍼は身体にどのようにはたらきかけているの?

鍼灸は自律神経を調整するといいますが、なかなか自覚する事が有りません。自律神経ってそもそもどんなものなんでしょうか?

自律神経は身体の様々な調節を自動的に無意識のうちにやってくれている大変な働き者です。

呼吸・体温の維持・食べ物の消化・排泄・免疫機能の維持など、自律神経の機能がダウンしたら、
そく健康に直結します。

全て必要に応じて自律神経が働いてるんです。

西洋医学では、身体にはいった悪い細菌や悪くなった部分を取り除くことが多いですが、

東洋医学では自律神経の働きを整えることによって身体の本来もっている働きを引き出す発想です。

種村式花粉症鍼施術で辛い症状をスッキリさせませんか?

花粉症の症状が辛い方へ
当院では種村正昭先生が考案された花粉症専門のコースを始めました。

症状の軽減を早く感じられる。
薬の副作用・眠気などを気にしなくてよくなる。
体質改善なので、年々症状が軽くなる。
仕事・家事に集中できるようになる.
外出が楽になる。

5~6回で体質改善を目指します。
細い鍼で、子供でも安心です


週に1~2回で合計5~6回の施術が必要になります。
施術間隔が10日の越えると症状が戻ってしまう事があります。
施術期間中は冷たい飲み物・食べ物・アルコールは控えていただきます


お気軽にお問い合わせください。

「山元式新頭鍼療法認定治療師」の認定を頂きました。

10月13日に行われた第一回山元式新頭鍼療法認定試験に合格し、
認定治療師の認定をいただきました。

これもひとえに、患者様方の鍼治療へのご理解、山元先生をはじめ学会の皆様方のご尽力、
毎月の勉強会に参加されている先生方との切磋琢磨のおかげと感謝しております。

初心を忘れず、真摯に患者様に向き合っていきたいと考えております。

今後とも宜しくお願い致します。

第6回YNSA全国大会に参加してきました。

10月13.14日
宮崎にて第6回YNSA全国大会が開催されました。
全国から150名程の先生方と台湾からも参加された先生もいらっしゃいました。13日には、第1回学会認定治療師資格試験が行われ、レセプションパーティーは大変豪華で盛大に行われました。

14日は症例発表が行われました。整形外科的疾患からパーキンソン、脳卒中後遺症、難治性頭痛、台湾の先生の突発性難聴、などの症例が発表されYNSAの奥深さと可能性を感じずには入られませんでした。

日本笑い学会副会長の昇幹夫先生の笑いと涙ありの講演、
山元先生の実技も拝見する事が出来ました。
大変盛りだくさんで、有意義な二日間でした。

多くの先生方と出会い、ここで得たものを、今後の臨床に生かしたいと思います。