当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

エアコンの冷風による自律神経の乱れ

個人差はありますが、体温は36.0~36.7度程度に保たれています。
これは自律神経の働きによります。

夏の暑い時や身体を動かしたあとなどは体温が上昇します。
すると手足の血管が開いて身体の中に溜まった熱を外に出そうとします。

同時に、汗が出て汗が蒸発することにより体温を下げようとします

しかし、部屋の中に入りエアコンの冷風にあたると、身体は冬の冷たい風と同じように感じてしまいます。
血管を収縮させて外に熱をださないようにします。

外に出すべき熱が出せないので、
熱が身体のなかにこもって、のぼせたり、だるくなったりするのはこのためです。

通常は身体が冷えてしまうと、代謝を上げて体温を上げようとします。

外気と室温の差が7度以上あると自律神経が混乱して身体が適応することが難しいといわれています。

この自律神経の混乱が続くと身体の抵抗力・免疫力の低下にもつながり、胃腸の調子が悪い、便秘、下痢、風邪が治りずらい、肩こり、腰痛が改善しない、頭痛、身体のかゆみ、更年期障害、などが起こりやすくなります。

このように自律神経が大忙しではたらいていると、症状も辛くなりやすいです。
今の季節はとくに冷風に直接当たらないようにする工夫が大切です。

エアコンの冷風に注意!!更年期障害

更年期障害は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの減少からおこると言われています。

女性ホルモンは自律神経の働きとおおきくかかわっています。

交感神経優位になると手足の血管が狭くなります。血圧が上がり、体温があがり、汗がでて、身体が暑くなります。

これが急に副交感神経優位になると、手足の血管が広がるので血圧が急に下がり、寒気・頭痛・関節痛・だるさ・めまい・耳鳴り・皮膚のかゆみといった様々な症状がおこります。

冷房の冷風や冷たい飲み物などで身体を冷やすと血管が収縮し交感神経優位になります。身体が冷えてしまいます。

温かい外にでると身体が温かくなります。副交感神経が優位になると血管が開いて、体温を下げようとします。
血圧が下がるのでだるさを感じる事が多いです。

このように自律神経が大忙しではたらいていると、症状も辛くなりやすいです。
今の季節はとくに冷風に直接当たらないようにする工夫が大切です。

脳卒中・パーキンソン病への取り組み

YNSAⓇの鍼施術の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病といった疾患に対して取り組んでいるところです。

脳内の障害を受けた組織を変化・改善させることは難しいと思います。

しかし障害を受けていない部分の働きがよくなり、

脳内と身体全体の働きがよくなり生活の質の改善することは可能と考えます。
例えば

無気力な状態から表情が明るくなり、家族と話をするようになる。

リハビリに意欲的になる。

怒りっぽく興奮しやすい状態から穏やかになる。

痛み・シビレがへる。

お通じがよくなる。

震えが少なくなる時間が増える。

麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。

着替えがしやすくなる。人に手を動かしてもらっても痛みが減る。

等が少しでも楽になることです。

YNSA(山元式新頭鍼療法)Ⓡの施術によって少しでも生活の質に改善が見られる可能性があります。

施術を続ける意味はあります。

私たちは、辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。

【テレビ放映】YNSAセミナーの様子 再放送のお知らせ!!

さて、年始に放送がございました

『YOUは何しに日本へ?』が12/31(月)9:00〜13:00でテレビ東京に限りますが、
再放送されることが決定いたしました。

山元先生による宮崎セミナーの様子が紹介されます。

なお、今回の再放送は『テレビ東京のみ』となります。

「山元式新頭鍼療法認定治療師」の認定を頂きました。

10月13日に行われた第一回山元式新頭鍼療法認定試験に合格し、
認定治療師の認定をいただきました。

これもひとえに、患者様方の鍼治療へのご理解、山元先生をはじめ学会の皆様方のご尽力、
毎月の勉強会に参加されている先生方との切磋琢磨のおかげと感謝しております。

初心を忘れず、真摯に患者様に向き合っていきたいと考えております。

今後とも宜しくお願い致します。