当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

第6回YNSA全国大会に参加してきました。

10月13.14日
宮崎にて第6回YNSA全国大会が開催されました。
全国から150名程の先生方と台湾からも参加された先生もいらっしゃいました。13日には、第1回学会認定治療師資格試験が行われ、レセプションパーティーは大変豪華で盛大に行われました。

14日は症例発表が行われました。整形外科的疾患からパーキンソン、脳卒中後遺症、難治性頭痛、台湾の先生の突発性難聴、などの症例が発表されYNSAの奥深さと可能性を感じずには入られませんでした。

日本笑い学会副会長の昇幹夫先生の笑いと涙ありの講演、
山元先生の実技も拝見する事が出来ました。
大変盛りだくさんで、有意義な二日間でした。

多くの先生方と出会い、ここで得たものを、今後の臨床に生かしたいと思います。

片頭痛・眼の奥がズキズキする痛み

・急に眼の奥がズキズキ痛くなる。
・痛くなる前に、眼の前にギラギラしたものが見える。
・片側だけ交互に頭・眼の奥が痛くなる。
・ホッとしたときに痛くなる。
 等の症状は片頭痛かもしれません。

あまりの痛さに「脳に問題があるのではないか?」と心配になってMRI検査を受ける人もいらっしゃいます。


片頭痛の原因は詳しくはわかっていません。有力な説は神経血管説といわれています。何らかの原因で脳の血管の周りを取り巻いている三叉神経という神経が刺激された結果、

脳の血管が拡張してズキンズキンと拍動性の痛みになると言われています。

辛い時の応急処置は「頭を冷やすこと」です。冷やすと血管は収縮します。収縮することによって血管の拡張が軽減するので、痛みの軽減につながります。

YNSAⓇの鍼施術では、脳幹といわれる自律神経の中枢、三叉神経に該当するポイントがあります。手の合谷というツボと、上腕・首の診断ポイントの状態をみて、頭皮に鍼をしていきます。

右腕が痛い・・・。仕事が辛い・・・。

仕事で手を使う人は多いです。例えば、美容師・調理師・パソコン作業が多い事務職等同じような身体の使い方をするので、身体もアンバランスに凝ってきて凝りも深くなります。

特に責任のある立場で仕事をされているとなかなかケアする時間も取れません。
首・肩痛がさらに酷くなると、手が痺れたり、感覚が鈍くなってくる事もあります。

手が痺れてくると神経がどこかで圧迫されているサインですので、特に治療が必要なレベルと考えます。

YNSAⓇの鍼施術では、頭皮にある全身の各場所に対応したツボを使います。
診断すると、頸椎・胸椎・脳幹と言われる部分に反応が出ていることが多いです。

鍼すると、冷たかった手が温かくなったり、首肩が楽になる方が多いです。症状が出てから治療までの期間が長くなると改善まで少し時間がかかることもありますが、諦めない事が大切です。

YNSA宮崎セミナー参加してきました。

6月5,6日とYNSA宮崎セミナーに参加してきました。
また新しい発見・そして再認識できたことがありました。

山元先生は今年で89歳をむかえられます。鍼を打つたびに症状が変化し改善し、
患者さんが笑顔になっていく様子には感動します

このセミナーで得たものを日常の施術に活かしていきたいと思います。

まずはお電話下さい。お待ちしています。

症例報告 美容鍼(気なっていたアゴのラインがUP!!)

50代女性
主訴
 顎のたるみが気になる・シミ・小じわ・毛穴が目立つ
他のお身体の悩み 
 肩こり・浮腫み・倦怠感
施術内容
 お顔のパック
 経絡・体質を考慮して手足への鍼
 お顔・頭・側頭部・顎周りの筋肉のバランスを考慮しての刺鍼
 お顔の筋膜リリースを目的としたオイルマッサージ

施術後の感想

「美容鍼灸をしていただきました。
ビフォー・アフターの違いにビックリです。
ずっと気になっていた、アゴのラインがUPして
とっても嬉しいです!!
ありがとうございました」