当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

頑固な肩こりが取れないのはなぜ?

痛みが頭から離れない。

・仕事・家事で細かいミスが多く能率が悪くなり、判断力・集中力が低下した。

・常に仕事に追われていると感じる

・疲れたらスイーツや甘い物を飲む習慣がある。

・睡眠が思うようにとれない。朝スッキリしない

このような状態が続いているときは、脳の中の扁桃体と言われるところが過敏になるといわれています。
扁桃体は不安・恐怖・怒りの感情と深いつながりがあります。

脳の前頭前野の中にDLPFCには痛みを抑制する働きがあるといわれています。

扁桃体が過敏になるとDLPFCの働きがおさえられてしまうんです。
このようにして「頭痛・首コリ・肩こり・腰痛」がなかなか改善しにくい状況になります。

同じ痛みでも、痛みにたいして不安を持ち続けていると何倍にも痛みを感じてまうんです。

不安を減らすためには、痛みへの認識が大切です。

1分で出来る筋トレ。

軽い筋トレをすると筋肉からマイオカインと言われるメッセージ物質が分泌されて身体の炎症を抑える効果がある事が分かってきています。

痛みも筋肉や筋膜のなかで小さな炎症が起こっていると考えられています。

健康のために運動したり身体を動かした方が良いことは誰でも分かっていることですが、
なかなか時間が取れないし、気持ちが向かわない事がおおいと思います。

簡単な方法でおすすめは、「スクワット」です。
足には身体全体の約70%の筋肉があるといわれています。その足・腰の筋肉を刺激してあげる代表的な運動法です。

10秒で曲げて10秒で戻す。たったこれだけでもかなり効きます。1分でもなかなか厳しいです。
正しくやらないと膝・腰の負担になるので注意が必要です。

膝小僧がつま先よりも前に出ないようにすることがコツです。

コワい夢をみるのはどうして?

寝ているあいだに見る夢が楽しいものであれば、おきた時に気分も上がるのですが、

何かに追いかけれれる夢・落ちる夢・怖い夢をみると、「どうしてあんな夢を見たんだろう」と不安になってしまいます。
怖い夢は心のなかにある不安から起こることが多いと言われています。

寝ているあいだに脳の中で記憶の整理と細胞の修復が行われています。

人間も生き物ですから、生存するため・生き残るために自分に有害になる記憶が優先されます。

就寝中に記憶の整理をしているときに怖い思いをした記憶が扁桃体と言われるところを活性化させます。

この時は理性と知性を司る前頭前野は休んでいますから、扁桃体をコントロールできません。
こうして、つじつまが合わない・突拍子もない怖い夢をみてしまんです。

不安があったら、だれかに話を聞いてもらうだけでも心がおちつくものですよ。

痛みが頭からはなれない・・・。

の前頭部にある「DLPFC(背外側前頭前野)」といわれる部分が、痛みの神経の異常な興奮をおさえているといわれています。

慢性的な痛みが続いている方は、この「DLPFC(背外側前頭前野)」の働きがの通常より低下し萎縮しているそうです。

慢性的な腰痛はあるけどMRIなどで異常が見つからないケースも多々あり、逆にMRIなどの画像で異常があっても痛みのないケースもあるというデータもあります。

痛みは脳で感じています。痛みを感じる神経のルートがあります。痛みに対する恐怖が長い間つづくと、痛みを感じる神経のルートの異常な興奮をDLPFCが止められなくなってしまうと考えられています。

痛みに対する恐怖が、DLPFCの働きを低下させてしまうと考えられています。

そのためには痛みとの向き合い方が大切になってきます。

脳卒中・パーキンソン病への取り組み

YNSAⓇの鍼施術の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病といった疾患に対して取り組んでいるところです。

脳内の障害を受けた組織を変化・改善させることは難しいと思います。

しかし障害を受けていない部分の働きがよくなり、

脳内と身体全体の働きがよくなり生活の質の改善することは可能と考えます。
例えば

無気力な状態から表情が明るくなり、家族と話をするようになる。

リハビリに意欲的になる。

怒りっぽく興奮しやすい状態から穏やかになる。

痛み・シビレがへる。

お通じがよくなる。

震えが少なくなる時間が増える。

麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。

着替えがしやすくなる。人に手を動かしてもらっても痛みが減る。

等が少しでも楽になることです。

YNSA(山元式新頭鍼療法)Ⓡの施術によって少しでも生活の質に改善が見られる可能性があります。

施術を続ける意味はあります。

私たちは、辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。