当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

080-4201-4782

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
080-4201-4782
Menu MENU

NEWSお知らせ

「寝ても疲れが取れない」は脳疲労の状態かもしれません。

・寝ても疲れがとれない。

・人間関係に悩みがある。

・休みの日の何もしたくない。

・今まで好きだったものに興味がわかなくなった。

・ミスが多く、何かに追われている感じがする


これらは脳疲労の状態かもしれません。

肉体的な疲れは分かりやすいのですが、脳が疲れていることは自覚しづらいです。


脳疲労に状態になると、気分転換に身体を動かすとか、家族とどこかに出かけるとか、

身体を動かすエネルギーも、気持ちも枯渇するといわれています。

家族や他人からみると

「なまけているんじゃないか?」

と誤解されてしまうこともあります。

でも、本人にしてみれば、動けないほど疲れているのです。

この脳疲労が進むといわゆる

「うつ病」

になるといわれています。


休息・睡眠が必要です。

決して無理をしてはいけません。

真面目な人ほど、脳疲労になりやすいと言われています。

こまめに眼を閉じるだけでも脳を休ませることができます。

いい意味での手抜きも必要です。

参考文献:すべての疲労は脳が原因、著書:梶本修身、集英社

心と身体を整える方法(お灸の場合)

当院では、YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)の施術と併せて、手足へのお灸をすることが多いです。

患者様から

「お灸は熱くないですか?」

「お灸は何に効くのですか?」

「どうして効くのですか?」

「ツボの位置が分からないです。」

と質問を頂くことがあります。

お灸の刺激は脳の視床・視床下部と言われるところに入ります。

視床・視床下部は自律神経の中枢・司令塔でもあります。

写真のように内関と言われるツボは

何となく憂鬱な時など、頭が重いとき、胃腸の調子が悪い時に効果を期待できます。

セルフケアとして実践しやすいツボの一つです。

その他に

お灸には免疫力を高める効果もあると言われています。

お灸による熱で皮膚に微細な傷が付き、その微細な傷から免疫力を高めるタンパク質が分泌されます。

そのタンパク質が身体中に循環することによって顆粒球やリンパ球などの働きが高まります。

顆粒球やリンパ球は身体に入ってきた細菌やウイルスをやっつける働きがあります。

お灸をすることは、例えて言えば、

消防署隊員の方々が火災本番の際に最大の力を発揮出来るように

訓練を行っているようなものです。

お灸により日々免疫力や血流の流れを整える働きの訓練をすることにより、

いざウイルスや細菌が入ってきたときにやっつける事が出来るのです。


このように身体には自分の身体を守る働きがあります。


当院では、ツボの取り方もご指導させていただいております。

心と身体を整える方法はなに?(脳科学的に考える)

コロナが再拡大しています。

いつになったら終るのだろう?
家族がコロナになったら?
自分がコロナになったら?

不安はつきません。

記録的な猛暑も重なって精神にも身体的にもダメージを受けやすい状況です。

短期間でしたら気力で乗り切るところですが、

コロナ禍は長すぎます。

脳科学的に考えて心と身体を整えるために必要なホルモンは、

セロトニン・オキシトシン・ドーパミンの3つが重要です。

その中でも一番大切なのはセロトニンです。

セロトニンは別名

「幸せホルモン」

「脳内の指揮者」とも言われて

他のオキシトシンやドーパミンが上手く働くために

前提として必要なホルモンです。

一日のリズムを整えるホルモンでもあります。

朝日を浴びると分泌されてその14時間後くらいにメラトニンに変化します。

メラトニンに変化すると深部体温を下げると言われています。

深部体温が下がると眠気が訪れます。

朝、少なくとも午前中に日の光を浴びるか、

せめて日の光を見る事は重要です。

参考図書:ストレスフリー超大全、著:樺沢紫苑、ダイヤモンド社

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)による脳卒中後遺症への取り組み。

脳卒中後遺症には、

左右片側の感覚が鈍くなる、

手足が上手く動かせない、

言葉が上手く話せなくなる、

食事の際に、食べ物や飲み物が口の端からこぼれやすくなる、などがあります。

この症状を麻痺といいます。

麻痺がおこると仕事はもちろん、日常生活でも一人で過ごす事が難しくなってしまいます。

手足が動かなくなるので手足に問題があるように思われがちですが、原因は脳にあります。

脳の血管がやぶれたり、血管が詰まったりして脳の神経細胞や神経線維に障害が起きた結果、

脳から手足に向けての信号が届きづらくなってしまうのです。

手足に問題が無くても脳からの「手を動かしなさい」「足を動かしなさい」

という命令が手足に届かないので動かなくなってしまうのです。

様々な研究では、積極的なリハビリによって脳の損傷を受けた部位を補うように他の神経のルートが活発になることが分かってきています。

このように脳の神経細胞、神経線維が新たなネットワークを作り出すことを

「脳の可塑性」と言います。

大切な事は身体の感覚を思い出して、脳からの運動神経の働きを促すことです。


YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)の鍼施術により脳へのアプローチを行い、頭皮に鍼を刺したまま
手足の感覚や動かす練習を行っています。

施術により


・歩きが楽になった。

・物が持ちやすくなった。

・食事の時、口からこぼれなくなった。

・「ありがとう」「お願いします」などの発語が増えた。

などの症例があります。

改善の程度やスピードは人それぞれです。

先ずは、ご相談下さい。

腸と脳が関係している。パーキンソン病の予防策はあるのか?

パーキンソン病という病気は

脳の中脳の黒質といわれるところの神経細胞が

変性(構造が壊れて機能しなくなる)

脱落(細胞が死んでしまう)してしまうこと

が原因といわれています。

なぜ脳の中の神経細胞が委縮してしまうのか?

パーキンソン病がいつから、どうやって始まるのか?

予防策はあるのか?

という調査は進んでいます。


1960年代から続けられた大規模疫学調査で、

パーキンソン病を発症する10数年前から頑固な便秘や嗅覚障害があった事がわかっています。

それに続く症状としては、睡眠障害とうつ状態がみられたそうです。



何が起こっているかと言うと、

頑固な便秘により腸内の異常なタンパク質が出来て炎症が起こり、

これが迷走神経を介して脳幹に入ると脳の細胞に炎症が起こります。

この炎症により、神経細胞が変性(構造が破壊され機能を失う)

脱落(細胞が死んでしまう)が周りに広がってしまう。

という過程を経て病気が進行してしまうそうです。

逆にいえば、腸内環境を整えてお通じを整える事が

脳の様々な病気を予防できる可能性があるという事です。



「腸脳相関」という言葉があります。

腸と脳は連絡を取り合っており、腸を整えると脳も整うという事です。

自律神経と心を整える一番重要と言っても良いホルモンがセロトニンですが、

脳の中には3%腸の中には95%以上あるといわれています。

ことわざではありませんが、

「腹がすわる」「腹を決める」

「腹を割って話す」などという言葉がありますが、

おなか(腸)と脳(精神)は関連があるということは、

昔の日本人は感じ取っていたのかもしれませんね。

参考文献 慢性痛のサイエンス 著:半場道子 医学書院