当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

腸内環境を整える食事。オリゴ糖

腸内環境をととのえる食事の続きです。

オリゴ糖です。オリゴ糖は善玉菌である乳酸菌のエサになります。

納豆・豆腐・きな粉などの大豆製品、玉ねぎに多く含まれます。

乳酸菌はオリゴ糖をエサにして短鎖脂肪酸をつくるといわれています。

短鎖脂肪酸は、腸内で悪玉菌のはたらきをおさえます。


悪玉菌の働きをおさえることによって、免疫力アップ・肥満の予防、食欲コントロール、糖尿病の予防

が期待されます。

スーパーなどで売られているオリゴ糖は人口甘味料などで甘くして、オリゴ糖の含有量は少ない場合があるので注意が必要です。

免疫力を上げるには腸内環境を整えることが大切。食物繊維について

新型コロナがオリンピックに影響しないか?と心配です。

このような状況では、もしウィルスが体内に入ってきても彼らを撃退できるような免疫力をつける事が大切です。

身体の中の免疫細胞のおよそ70%が腸内にいるといわれています。

腸内環境の悪化は免疫力の悪化につながります。

便がバナナ状ですと良い状態です。便秘や下痢、便のにおいがキツイ、コロコロ便は腸内環境の不調にサインです。

腸内環境が良くないと、腸粘膜でのバリヤー機能が低下してウィルス・カビなどの有害な病原体・有害な化学物質が体内に吸収されてしまいます。

これらの有害物質を取り除くために肝臓に負担がかかり、免疫機能も誤作動を起こして間違って自分の細胞まで壊されてしまいます。

こうして攻撃されるべきではない細胞がこわされることによって、さまざまな病気がひき起こされることがわかってきています。

腸内環境を整えるためには食事が大切です。

先ずは食物繊維です。
食物繊維は水に溶ける水溶性と溶けない不溶性があります。

水溶性食物繊維は善玉菌のエサになります。水分を含んで食べ物の移動がスムーズになります。
玉ねぎ・オクラ・わかめ・めかぶ・もずくなどの海藻類、アボカドなどに多くふくまれます。

不溶性食物繊維は水分を吸収して便のかさをまして腸を刺激して腸の運動を促します。
有害物質を吸収して排出をうながします。

エノキしめじなどのキノコ類・おから・大豆枝豆などの豆類に多く含まれます。


水溶性・不溶性どちらもバランスよくることが大切です。

免疫力を下げない方法。

新型コロナウィルスの影響が深刻化しています。

効果的な薬が開発されていない現在、もっとも大切な事は自分の免疫力をさげないことです。

最近は寒かったり暑かったり季節が乱れています。着るものに迷う季節です。

汗をかいて寒いところにでると身体が冷えてしまいます。

身体を冷やさないようにするには五つの首を冷やさないようにするのがポイントです。

首・左右の手首・左右の足首の五か所です。

例えば首が冷えると身体が芯から冷えやすくなります。

そして風邪をひきやすくなります。

東洋医学では首の後ろの「風門」と言われるツボから風邪が入ってくると考えられています。

外出時はマフラーやネックウォーマーを準備すると良いです。暑い時はすぐ外せるので便利です。

寝る時はタオルを首にまくのも効果的です。

脳が疲れると痛みが慢性化しやすい。

・スマホやパソコンをベッドで見る事が多い。

・細かいミスが多い。 

・いつも仕事に追われているように感じる。 

・物忘れがふえた。

・休みの日はぐったりしている。怒りっぽい。

・テレビや雑誌を見る気がしない、見ても頭に内容がはいらない。

・早食いになった。味がわからない。 好きな食べ物に箸をつけなくなった。

このような方は、脳疲労をおこしているかもしれません。

スマホやパソコンからの情報は視覚情報に偏っています。

視覚情報のみが大量に脳に入ってくるので、脳の機能がアンバランスな状態になりやすいのです。

人は本来は視覚だけでなく、

手で触れた触覚、

臭いの嗅覚、

人の話や物音を聞くときの聴覚、

舌で感じる味覚を使って生活するようにできています。

それが視覚情報に偏ってしまうと、脳の前頭前野と言われるところが機能低下をおこすといわれています。

前頭前野は人間特有の、意思・思考・創造力などを司る場所です。

前頭前野が機能低下をおこすとうつ病や自律神経失調症などの原因につながりやすいです。

また、痛みに対しても過敏に反応するようになってしまいます。

前頭前野が疲れてしまうと、慢性的な痛みに繋がりやすいです。

トイレ・ベッドではスマホを見ない。時間を決めて使う。

2.3分でもいいからぼんやりするなど始めてみましょう。

お酒を飲むと翌日、身体が冷える。気分が落ち込む。

酒を飲むと、アルコールを代謝・分解するために、ビタミンやミネラルが多量に使われてしまいます。

アルコールの分解は主に肝臓で行われます。

ビタミンやミネラルは細胞内でエネルギーを作る際に重要な材料です。

アルコールの分解でビタミンやミネラルが体内に不足してしまうと、

エネルギー不足が生じて、熱を作れず体温が下がり気味になり身体が冷えてしまうんです。

特にビタミンB1・B3、マグネシウム、亜鉛が浪費されてしまいます。

ビタミンB1・B3は身体の中で、食べた物をエネルギーに変える際に必要なものです。

マグネシウムはビタミンB1の働きを助ける働きがあり、亜鉛は特に細胞分裂に必要なものです。

これらが不足すると、

疲れやすい・集中力や意欲がわかない・足がつりやすい・気持ちが落ち込みやすい等

といった症状がでてきます。

二日酔いで気分が落ち込むのはビタミン不足も関係しています。

早めにしっかりバランスの良い食事を採ることが大切です。