当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

080-4201-4782

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
080-4201-4782
Menu MENU

NEWSお知らせ

天気が悪くなる前に、めまいや頭痛が起こるのはなぜ?

天気が悪くなる前に頭痛・めまいを起こすケースがあります。

気象病・気象痛といわれています。

東洋医学的には、湿気が多くなり「湿邪」により「水滞」「気滞」といって体の中の水や血液の流れが滞ることが原因と言われています。

漢方薬では「五苓散」という身体の水分代謝・バランスを整える漢方薬が出されることが多いようです。


気象病・気象病と言われていますが、東洋医学では昔からあった考え方です。

西予医学的に解明されてきているようです。

めまいはどうして感じられるのでしょうか?

西洋医学的にどのように考えられているかというと、

天気が悪くなる前は低気圧が近くにくるので、ほんの少し気圧が下がります。

耳の奥にある「内耳神経」のなかに三半規管という部位があります。

この中はリンパ液に満たされており、その中にあるセンサーのような細胞が気圧の差を感じ取っていると言われています。

エレベーターや飛行機に乗った時に耳がキーンとなりますよね。

耳の奥で気圧差を感じ取っていることで起こる現象です。

この三半規管は中のリンパ液の流れで身体の傾きを感じ取っています。

めまいの症状は気圧の差を敏感に感じ取って

誤作動を起こしめまいや頭痛を起こしていると考えられています。

気圧の差を敏感に感じとってしまう原因は何でしょうか?


自律神経のリズムの乱れが考えらえます。

交感神経過敏になり過ぎると首肩周りの血流不全を起こし、

その影響で三半規管を含めた内耳の血流やリンパの流れが滞ることが原因と考えられています。

交感神経が過敏な状況が進むと免疫機能が誤作動を起こして

三半規管の中で炎症を起こしてしまうこともあります。

メニエール病の原因とも言われています。

自律神経のリズムを整える事が対策になります。

生活のリズムを整える事、

ストレスをため込み過ぎないこと

バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠が重要です。

参考文献:安保徹のやさしい解体新書・実業の日本社

9月11日(日)はYNSA学会理事の冨田先生による講習会に参加させていただきました。

9月11日(日)YNSA学会理事の冨田先生による講習会に参加させていただきました。

テーマは「脳神経疾患とパーキンソン病に対する統合医療的アプローチ、頭皮鍼YNSAと鍼灸治療セミナー」でした。

施術にあたっての目標の立て方、最新の脳神経疾患に対する考え方、YNSAによる施術のポイントなど盛りだくさんの講習会でした。

今後の臨床に役立てたいと思います。

寒暖差アレルギーとは?

・鼻水、くしゃみが止まらない。

・鼻が詰まって辛い。

・花粉症かと思ってクスリを飲んでも効かない。


このような症状は寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーは医学的には、

「血管運動性鼻炎」といわれています。

寒暖差アレルギーの仕組みはまだ分かっていない事が多いです。


寒暖差アレルギーは自律神経の乱れが原因と考えられています。


自律神経には交感神経と副交感神経があります。

鼻水が出て止まらない時は、

副交感神経が優位になり過ぎていると考えられます。

自律神経のバランスを整える事が重要です。

・食事・睡眠をしっかりとる。

・適度な運動(ウォーキング等)をする。

・ストレスをため過ぎない。

など出来るところから始めてみると良いと思います。

夏バテに足三里のお灸

今まで経験したことのないような暑さが続いています。

体調を整えることが難しくなっています。

体調を整えるためには、睡眠・食事・運動は大事なところです。

食事に関して言えばどうしても食欲がなくなってしまい、軽い食事ですませてしまいがちです。

身体に必要な栄養素である、タンパク質や炭水化物の他、

脂質・ビタミン・ミネラル・食物繊維等を摂る必要があるのですが、

なかなか身体が受け付けない状態の方も多いと思います。

そのような場合には、足三里のお灸がお勧めです。

膝のお皿の下から指幅4本分程下のやや外側にツボがあります。

胃の経絡上のあるツボです。

昔から養生・長寿のお灸として使われている重要なツボです。

江戸時代の人々は歩いて旅をしていましたが、

足三里にお灸をしてお腹の調子を整えたり、足の疲れをとっていたと言われています。

最近はドッグストアでも台座灸(せんねん灸など)を売っているので、

ご自宅でもセルフケアをとしてお勧めです。

足三里にお灸すると足先にツーンとした感覚があり、その後足が少し軽くなった感じがあります。

足の浮腫みにも良いと思います。

胃の働きも良くなるので、食べられるようになってきます。

まだまだ暑い日が続くので、乗り切りましょう。

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)による脳卒中後遺症へのアプローチ

脳卒中(脳出血・脳梗塞・クモ膜下出血)の後遺症にはさまざまな症状があります。

・身体の片側(左右どちらか)の感覚が鈍くなる、痺れや痛みがある。

・手足が動かせない、動かしづらい。

・言葉がしゃべりづらくなる。

・食事の際、片側の口から食べ物や飲み物がこぼれる。

などです。

一人で日常生活が困難になり介助が必要になるケースが多いです。


このため仕事や日常生活に大きな影響があります。

見た目は手足や身体に症状がありますが、原因は脳から身体・手足・口への指令がうまくいかないこと、

身体や手足からの情報(感覚)がうまく脳に伝わらないことにあります。

当院では、YNSAⓇの鍼施術によって症状を軽減させて

生活の質の維持・向上を目的とした取り組みを行っています。

頭に刺鍼している最中に、歩行の練習・手足を動かす練習、感覚の確認などを補助を加えながら行っています。

また、手足のツボにお灸・置き鍼をプラスして施術しています。

脳卒中の患者様はさまざまなリハビリに取り組んでいらっしゃると思います。

それとプラスしてYNSAⓇの施術によって症状が軽減される可能性は充分あります。

施術によって症状の変化があれば、施術を続ける意味はあります。


私達は「脳卒中の後遺症でお困りの方のお力になりたい」と考えています。