当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

眠りの質を改善させるには?

眠れないパターンには次の三パターンがあるといわれています。

入眠障害「寝床にはいっても2時間以上眠れない」
・中途覚醒「途中で2回以上眼が覚めて、なかなか再入眠できない」
・早朝覚醒「予定していた時刻より2時間以上早く起きてしまい、なかなか再入眠でいない」
・熟眠障害「朝起きた時にぐっすり眠った感じがしない

眼が覚めて四時間後に眠気を感じる場合は睡眠が足りていない可能性があります。
眠りの質を改善ささるには、生活のリズムを整える事が大切です。

朝日を浴びると幸せホルモンの「セロトニン」が分泌されます。
「セロトニン」は14~16時間後に「メラトニン」に変化するといわれています。

「メラトニン」が身体の奥の「深部体温」を下げて眠りに入りやすくなると言われています。
この「メラトニン」への変化にブレーキをかけてしまうのが「ブルーライト」です。

パソコンやスマホの画面から出ている「ブルーライト」が「メラトニン」の分泌を妨げてしまうので、眠りに入りづらくなります。特に就寝前は要注意です。

寝床でスマホを見てると、眼が冴えてしまいますよ!!!

種村式花粉症鍼施術で辛い症状をスッキリさせませんか?

花粉症の症状が辛い方へ
当院では種村正昭先生が考案された花粉症専門のコースを始めました。

症状の軽減を早く感じられる。
薬の副作用・眠気などを気にしなくてよくなる。
体質改善なので、年々症状が軽くなる。
仕事・家事に集中できるようになる.
外出が楽になる。

5~6回で体質改善を目指します。
細い鍼で、子供でも安心です


週に1~2回で合計5~6回の施術が必要になります。
施術間隔が10日の越えると症状が戻ってしまう事があります。
施術期間中は冷たい飲み物・食べ物・アルコールは控えていただきます


お気軽にお問い合わせください。

自律神経って何をしているの?

鍼灸は自律神経を調整するといいますが、なかなか自覚する事が有りません。自律神経ってそもそもどんなものなんでしょうか?

自律神経は身体の様々な調節を自動的に無意識のうちにやってくれている大変な働き者です。身体の健康を支えてくれている縁の下の力持ち的な存在です。

例えば、眼・鼻・口に関しては
涙・鼻水の分泌する。
唾液を分泌するなどを行なっています。

全て必要に応じて自律神経が働いてるんです。

そろそろ花粉症の季節で、眼が痒いとか鼻水が出るなどの症状が出ている方もいらっしゃると思います。花粉症は免疫系が誤作動を起こして、自律神経が過敏に働いている状態なんですね。

鍼灸は自律神経だけでなく、免疫系や痛みを抑える働きにも働きかけていきます。


痛みが移動している?!

左肩が痛かったですけど、施術後に右肩が痛くなった。

先週は腰が痛かったけど、今週は膝が痛くなった。

など、痛い所が移動するように思える事が見られます。

筋肉が緊張して起こる肩コリの場合、筋肉 筋膜は頭や背中など痛い所と離れた場所まで繋がっています。
このため痛みが治まっても、違う場所に痛みを感じたりします。

また、痛い所をかばって動いていると、最初の痛みが軽減した時にかばっていた所が痛くなったりします。

そのほかに、痛みを感じている神経のルート以外の部分の働きが抑制される事によって起こる「周辺抑制」と言われる作用が起こる事もあります。

身体は最も痛い所を優先して感じるようになっているとも言われています。

痛みが移動すると言うよりは、もともと痛みがあった所を順番に感じていると言った方があっているかもしれません。

痛みが移動しているように感じる時は、身体が痛いところを治そうとしているとも言えるとも言えます。

痛みが続くようでしたら、早めのケアが必要です。

鍼治療の効果ってどの位の期間もちますか?

患者さんからのよくある質問です。

鍼の効果ってどの位の期間もちますか?」「どの位の間隔で、何回くらいで良くなりますか?」

この件に関しては、症状の程度・症状が出てからの期間・日常生活・仕事での影響(いわゆる精神的、肉体的ストレス)・栄養状態・運動(筋力・体力)・睡眠時間が取れているか?などの状況によります。

当院では、1週間~10日程度に1回のペースで始めて、概ね3回~5回で、症状の変化・程度を見ながら治療間隔を提案していきます。YNSAⓇの施術によって改善していく姿はさまざまです。

数回で改善されるかたもいれば、数か月かかる方もいらっしゃいます。

「症状は身体からのサイン」と私達は考えています。サインには原因が必ずあります。私たちはコミュニケーションを通して、日常生活等の中に原因が無いか、セルフケアに関する事を一緒に考えていきます。

自宅でのセルフケアを続けていらっしゃる方は効果の出方も早く、持続時間も比較的長いようです。

当初の症状が落ち着いた方は、月1回程度のメンテナンスで来院される方が多いです。