当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

080-4201-4782

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
080-4201-4782
Menu MENU

NEWSお知らせ

「朝から身体がだるい、寝違える。」のはなぜ?

・朝から身体がだるい。

・寝汗をぐっしょりかいている。

・起きたばかりなのに身体があちこち痛い、固まっている。

・よく寝違える。

このようなケースは、夜寝ている間に血液中の血糖値が低下してしまっている

「夜間低血糖」になっていることが予想されます。

正確にいうと、寝ている間に「低血糖」と「高血糖」を繰り返しているかもしれないのです。

人の身体は「血糖値」をあるレベルに保つ働きがあります。

「血糖値」が下がると、「お腹が空いた!」と感じます。

しかし、寝ている間は食事がとれません。

なので、筋肉と肝臓に蓄えられている「グリコーゲン」を「糖質」に変えて

血糖値を維持しています。

このシステムが上手く働かないと、

別のシステムである「交感神経」を総動員して血糖値を維持しようとします。

「交感神経」を働かせるときには

「アドレナリンやコルチゾール」と言ったホルモンが全身にかけめぐります。

この二つは「戦うためのホルモン・ストレスホルモン」とも言われています。

身体は「戦闘モード」になります。

この「交感神経」は人間が洞窟で生活していた時代とほぼ同じシステムです。

狩りをしていたら、クマに襲われた!蛇が出てきた!と言った時に危険を回避する為のモードです。

「戦うか!逃げるか!」です。


ですから、全身の筋肉は緊張して血圧も血糖値も急上昇します。

寝ている間に戦っている状況を繰り返しているので朝起きた時は

グッタリ疲れていたり、身体がアチコチ硬くなっていたり、寝違えたりするのです。

このような方は寝ている間だけでなく、

起きている時も同じような症状が起こります。

低血糖になった時、つまりお腹が空いた時に、

甘いものや、パン、麺類などの糖質中心の食事になりがちです。

タンパク質が不足してしまうと筋肉が上手く作られなくなり、

筋肉に蓄えられる糖質の量も減ってしまいます。

運動不足にもなってしまうと筋肉も痩せてしまうので、なおさら悪循環になります。

筋肉と肝臓に蓄えられている糖質を使うシステムが上手く働かなくなってしまうのです。

そのほかセロトニンやメラトニンなどの良い睡眠を促すホルモンも上手く作られなくなってしまいます。

かといって糖質もタンパク質の消化の際に必要なものですので、

バランスの良い食事と出来る事から少しづつ運動を生活の中に取り入れる事が大切です。

天気が悪くなると、頭痛になるのはなぜ?

最近、天気が気急変してゲリラ雷雨や雹(ひょう)が降る等、

今まで感じた事の無いような気候になってきています。

「低下圧が近づくと頭が痛くなる」

「雨が降る前には、昔痛めた膝(腰など)が痛む」

このような不調を訴える方が多いです。

これらは自律神経の乱れが影響している可能性があります。

通常、昼間交感神経が優位になり、

夕方から夜になるにつれ副交感神経が優位になることが知られています。

この仕組みは人間が数万年前に狩猟生活をしていたときから、ほぼ変わっていません。


狩猟生活ですと、天気の良い時は狩りや野山に食べ物をとりに行きます。

この時は活動に優位な交感神経が活発になります。

ところが雨の日は狩りの獲物となる野ウサギなどの小さい生き物は木陰に隠れたりしているので、成果が上がりません。

野山に山菜取とり行っても雨が降り、
さらに嵐になって遭難でもしたら命にかかわります。

なのでじっとしているべき時には副交感神経が優位になって、血圧や血糖値も低く抑えられ省エネモードになります。


この省エネモードが極端になると頭に血液が生きずらくなり脳が酸欠になります。

脳が酸欠になると脳が血液を要求します。

さらに脳に酸素が必要になると、

脳の血流を制御している三叉神経を刺激して拍動性の頭痛が起こることがあります。

これが片頭痛といわれています。

このように狩猟生活をイメージすると身体の不調の原因の予想がつくことがあるのです。

これらは自律神経の働きそのものが弱っていることが原因の一つです。


対策の一つは副交感神経が優位になり過ぎないようにするために、交感神経の働きを活発にさせる練習をすることです。

交感神経の働きを活発にさせる練習は少し負荷のある運動、少し汗ばむ早歩き程度の運動を定期的におこなうことです。

ある調査では偏頭痛のある方が、

定期的に朝散歩をするようになったら症状が改善した、という例もあるようです。


体力にあわせて行います。

決して無理はいけません。早歩きが無理でしたら普通に歩くことから始めましょう。

「少し体力がついてきた。」と感じたら早く歩いたり、歩幅を大きくして歩いてみたり、階段を少し使ってみたりと

負荷をかける事を試していきます。

効果を実感するまでには数週間から2~3か月程度はかかりますが、自律神経そのものが活発になり元気になってきます。

自律神経が元気になると偏頭痛も解消されることが多いですよ。

パーキンソン病です。上手く歩けません。YNSAⓇの鍼で良くなりますか?

パーキンソン病の症状の一つに、小刻み歩行といって、
チョコチョコと小さな歩幅で歩いてしまう症状があります。

これは筋力が弱いなどの原因ではなく、脳からの足の使い方の命令が上手くできていない事が原因です。

YNSAⓇの鍼をすることによって脳の働きと身体に良い影響を与えて歩行がスムーズになる事は充分に期待できると思います。

パーキンソン病の症状の原因は脳の中の黒質と言われる部分のドーパミンの量が少なくなる事、といわれています。

通常はドーパミンとアセチルコリンと言われる物質がバランスを摂りあって、筋肉の動きを調整しています。

何らかの原因で黒質の神経細胞が委縮してしまうとドーパミンが少なくなってしまい、筋肉の収縮が強くでてしまいます。

その結果足を出そうと思っても小刻みに動いてしまうのです。

筋肉の収縮が背中やお腹の筋肉で起こると、背中が丸くなったり、身体が傾いたりします。



YNSAⓇに鍼をすることによって脳幹部の視床・視床下部に鍼の刺激が入ります。

脳から身体や足を動かす命令に何らかの良い影響があるのではないか?と考えられています。

「痛覚変調性疼痛」検査しても分からない痛みがあります。

痛みの種類には従来2種類あるといわれていました。

切り傷や打撲などケガで皮膚や筋肉が傷ついて痛みを感じる
・・・「侵害受容性疼痛」

手術や事故、脳卒中の後遺症で神経または神経細胞や繊維が傷ついて起こる
・・・「神経障害性疼痛」

この二つに当てはまらない痛みがあるという事が医学界でも認知されるようになってきました。

それは、CTやMRIの画像診断や血液検査でも全くの異常がないに実際に感じられる痛みです。

第3の痛みともいわれる

「痛覚変調性疼痛」です。


痛みの信号は皮膚などから神経を伝わって脊椎(背骨)に入り、脳に伝わります。

この痛みを伝える信号のルートに異常がおこり、痛みを感じるようになるのです。

この痛みは、痛みへの不安・恐怖・ストレスなどの心理的な影響が大きく関係しているのです。

この「痛覚変調性疼痛」は従来の痛みが長引いた時にも起こるといわれています。

痛みが長引き、不安・うつっぽい・怒り・人間関係のストレスなどが加わると、

痛みを感じる信号のルート上に異常がおこってしまうのです。


身体の痛みに対しては、脳から

「下行制抑制系」と言われれる痛みを鎮める働きがあるのですが、

痛みが長引いて、ストレスや不安を長期に感じていると

この痛みを鎮める脳の働きが上手く働かなくなってしまうのです。

セロトニンと言われる脳内ホルモンが不足すると、不安感が増すと言われていますが、

セロトニンは痛みの抑制にも関係しています。

このセロトニンを増やすような生活を考えることも一つの対策です。

頭皮に鍼をするのと身体に鍼をする違いは何ですか?

患者様からの質問で、

「頭皮に鍼をするのと手足や背中などの身体に鍼をするのでは何が違うのですか?」

という質問をいただくことがあります。

結論から言うと

「頭皮でも手足でも鍼の刺激は脳に届きますが、

頭皮に鍼をすると身体に鍼をするより

刺激が脳に伝わりやすいのです。」

少し専門的になりますが、

手足に鍼をすると、刺激は背骨を中継して最終的に脳に届きます。

頭皮に鍼をすると、刺激は背骨を中継しない分、

脳に直接とどきます。

特に脳の中の中枢である

「脳幹」といわれる部分を刺激します。

脳幹は自律神経の中枢でもあり、痛みの制御(コントロール)、

情動(喜怒哀楽)とも密接に関係しているところです。

なので頭皮に鍼をすると脳の働きを調整しやすいという利点があります。


では手足や背中に鍼をする利点は何でしょうか?

手足や背中に鍼をする利点は、手足の末端の血流や

背中の反対側にある内臓に働きかけやすいという利点もあります。

それぞれの利点を良く知る事が大切です。