当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

エアコンの冷風による自律神経の乱れ

個人差はありますが、体温は36.0~36.7度程度に保たれています。
これは自律神経の働きによります。

夏の暑い時や身体を動かしたあとなどは体温が上昇します。
すると手足の血管が開いて身体の中に溜まった熱を外に出そうとします。

同時に、汗が出て汗が蒸発することにより体温を下げようとします

しかし、部屋の中に入りエアコンの冷風にあたると、身体は冬の冷たい風と同じように感じてしまいます。
血管を収縮させて外に熱をださないようにします。

外に出すべき熱が出せないので、
熱が身体のなかにこもって、のぼせたり、だるくなったりするのはこのためです。

通常は身体が冷えてしまうと、代謝を上げて体温を上げようとします。

外気と室温の差が7度以上あると自律神経が混乱して身体が適応することが難しいといわれています。

この自律神経の混乱が続くと身体の抵抗力・免疫力の低下にもつながり、胃腸の調子が悪い、便秘、下痢、風邪が治りずらい、肩こり、腰痛が改善しない、頭痛、身体のかゆみ、更年期障害、などが起こりやすくなります。

このように自律神経が大忙しではたらいていると、症状も辛くなりやすいです。
今の季節はとくに冷風に直接当たらないようにする工夫が大切です。

鍼の効果ってどの位の期間もちますか?

患者さんからのよくある質問です。

鍼の効果ってどの位の期間もちますか?」

「どの位の間隔で、何回くらいで良くなりますか?」



この件に関しては、症状の程度・症状が出てからの期間・日常生活

精神的・肉体的ストレス

栄養状態・運動(筋力・体力)・質の良い睡眠が取れているか?などの状況によります。


鍼による刺激により、乱れた自律神経と痛みに対する脳の感受性を整えていきます。



鍼治療はたとえて言えば

身体本来の力を取り戻すリハビリです。



身体が本来の調子を取り戻すにつれてリハビリの回数も減ってきます。

数回で改善されるかたもいれば、数か月かかる方もいらっしゃいます。

「症状は心と身体からのサイン」と私達は考えています。


サインには原因が必ずあります。症状とは直接関係ないようなことにヒントがある事もよくあることです。

私達はコミュニケーションを通して原因を探していきます。

怖いスマホ依存

集中力が低下している。 

いつも仕事に追われているように感じる。 

物忘れがふえた

休みの日はぐったりしている。怒りっぽい。

テレビや雑誌を見る気がしない、見ても頭に内容がはいらない。

早食いになった。 味がわからない。 好きな食べ物に箸をつけなくなった。

このような状況があってスマホやタブレットを一日中離せない方は、脳疲労をおこしているかもしれません。

スマホやタブレットからの情報は視覚情報に偏っています。視覚情報のみが大量に脳に入ってくるので、脳の機能がアンバランスな状態になりやすいのです。

人は本来は視覚だけでなく、手で触れた触覚、臭いの嗅覚、人の話や物音を聞くときの聴覚、舌で感じる味覚を使って生活するようにできています。

それが視覚情報に偏ってしまうと、脳の前頭前野と言われるところが機能低下をおこすといわれています。

前頭前野は人間特有の、意思・思考・創造力などを司る場所です。

前頭前野が機能低下をおこすとうつ病や自律神経失調症などの原因につながりやすいです。

トイレ・ベッドではスマホを見ない。時間を決めて使う。

2.3分でもいいからぼんやりするなど始めてみましょう。

痛みに脳が過敏になる!?

痛みと不安が続くと、脳の中の扁桃体という所が過敏になります。

扁桃体は、人だけでなくほかの生き物にも存在する部分です。生きていく上での危険をいち早く察知して、身体中に命令を出す所です。

いろんな治療法をためしたり、またはクスリがどんどん増えていくと、

「このままはどうなってしまうんだろう?」

「仕事が出来なくなったらどうしよう?」

などと不安が続いてしまいます。

この不安により扁桃体が刺激がされ続けて過敏になってしまいます。

脳の前頭前野に痛みをコントロールする場所があります。前頭前野は意欲・意思・創造力といった人間特有の働きをする場所でもあります。

扁桃体が過敏になりすぎると前頭前野の働きが低下し、痛みに対して過敏に何倍にも感じるようになってしまうと考えられています。

痛みが続くとウツウツとした気分やネガティブな思考に陥りやすいのはこのためです。

痛みをコントロールする力を復活させることが大切です。

ストレスから病気に繋がる仕組みとは?

交感神経と副交感神経を合わせて自律神経といいます。

自律神経は24時間365日つねに働いています。血圧・体温・呼吸・消化・免疫などを自動的に調整しています。
しかし、この自律神経が乱れると体調が崩れてしまいます。

仕事が忙しすぎる、家庭環境の変化、親の介護つかれなどでストレスがたまると交感神経が一生懸命働いて
なんとか乗り切ろうとします。血圧・呼吸・脈拍をあげて気合いをいれて頑張ろうとします。

交感神経が緊張すると、血液の中の顆粒球といわれる細胞が増えます。
顆粒球は身体の中に侵入してきた細菌をたべることが主な仕事です。

しかし細菌がいないと目標がないので代わりに自分の組織を破壊してしまいます。
顆粒球は寿命が2、3日で、死ぬときに活性酸素をだします。

この活性酸素は少量ではからだに良いのですが、大量になると細胞を傷つけてしまいます。

例えばこの活性酸素が胃のなかで増えると胃潰瘍になってしまいます。

歯周病・十二指腸潰瘍・潰瘍性大腸炎・痔瘻・急性膵炎・突発性難聴などはストレスにより免疫が乱れることによる病気といわれています。


参考図書 免疫革命(著者 安保徹)