当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

鍼は身体にどのような働きをするのですか?その2

手足や頭皮に鍼をしますと最終的に、刺激は脳に伝わります。

刺激は脳の中の、視床と言うところに伝わります。刺激はその近くに視床下部と言われるところに伝わります。

この視床下部と言うところは、生命の維持に非常に関連するところです。

視床下部というところでは、体温・血圧・脈拍・呼吸・血糖値・内臓をうごかす・免疫のコントロール等の調整を行っています。

このように、鍼の刺激は、人間の生命の維持・体調の維持に大きく働きかけるんです。

身体に痛みがあると、同じように痛みは脳に伝わります。痛いところがあると、身体は治そうとします。

鍼の刺激は、その治ろうとする働きを助けるんです

鍼は身体にどのような働きをするんですか?その1

が身体に及ぼす影響は世界中で研究されています。

お正月にNHKでも紹介されましたが、日本でも大学病院で取り入れて研究をすすめているところもあります。

鍼が身体に及ぼす働きには以下のものがあると言われています。

・痛みを抑える働きのある物質を脳から放出させる。

痛みを脳が感じないように、情報の通り道をブロックする。

・自律神経のバランスを保つ。

・硬くなった筋肉を緩めて、血液の流れをスムーズにする。

・免疫力を高めて、自力で治す力をサポートする。

このように、鍼によって痛みの神経・自律神経・免疫系に影響があるといわれています。

古今東西の大昔から様々な方法の施術法が伝わっていることは確かです。

昔からの技術が綿々と伝えられてきたました。先人・先輩方に感謝したいです


参考文献(あきらめなければ、痛みも、麻痺も必ず治る!ソレイユ出版 山元敏勝著)

鍼治療の効果ってどの位の期間もちますか?

患者さんからのよくある質問です。

鍼の効果ってどの位の期間もちますか?」「どの位の間隔で、何回くらいで良くなりますか?」

この件に関しては、症状の程度・症状が出てからの期間・日常生活・仕事での影響(いわゆる精神的、肉体的ストレス)・栄養状態・運動(筋力・体力)・睡眠時間が取れているか?などの状況によります。

当院では、1週間~10日程度に1回のペースで始めて、概ね3回~5回で、症状の変化・程度を見ながら治療間隔を提案していきます。YNSAⓇの施術によって改善していく姿はさまざまです。

数回で改善されるかたもいれば、数か月かかる方もいらっしゃいます。

「症状は身体からのサイン」と私達は考えています。サインには原因が必ずあります。私たちはコミュニケーションを通して、日常生活等の中に原因が無いか、セルフケアに関する事を一緒に考えていきます。

自宅でのセルフケアを続けていらっしゃる方は効果の出方も早く、持続時間も比較的長いようです。

当初の症状が落ち着いた方は、月1回程度のメンテナンスで来院される方が多いです。

【テレビ放映】YNSAセミナーの様子 再放送のお知らせ!!

さて、年始に放送がございました

『YOUは何しに日本へ?』が12/31(月)9:00〜13:00でテレビ東京に限りますが、
再放送されることが決定いたしました。

山元先生による宮崎セミナーの様子が紹介されます。

なお、今回の再放送は『テレビ東京のみ』となります。

脳梗塞の後遺症への取り組み

YNSAⓇの鍼治療の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症といった疾患に対して取り組んでいるところです。

脳内の障害を受けた部分の細胞を変化・改善させることは厳しいと思います。しかし障害を受けていない部分の働きがよくなり、

その影響で脳内と身体全体の働きがよくなり・生活の質の改善することは可能と考えます。

例えば

肩の痛みが減る。腕の動きがよくなり、着替えの際の痛みが減る

麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。

足が上がりやすくなる。歩幅が大きくなる。

等、少しでも楽になることです。

YNSA(山元式新頭鍼療法)Ⓡの施術によって症状の変化があれば、施術を続ける意味はあります。

生活の中で楽になることが多くなれば、ご本人もご家族も精神的に落ち着きをとりもどすことが出来ます。

私たちは、辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。