当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

パーキンソン病です。上手く歩けません。YNSAⓇの鍼で良くなりますか?(よくある質問)?(よくある質問)

パーキンソン病の症状の一つに、小刻み歩行といって、
チョコチョコと小さな歩幅で歩いてしまう症状があります。

これは筋力が弱いなどの原因ではなく、歩くための足の使い方が上手くできていない事が原因です。

YNSAⓇの鍼をすることによって脳と身体に良い影響を与えて歩行がスムーズになる事は充分に期待できると思います。

パーキンソン病の症状の原因は脳の中の黒質と言われる部分のドーパミンの量が少なくなる事、といわれています。

通常はドーパミンとアセチルコリンと言われる物質がバランスを摂りあって、筋肉の動きを調整しています。

ところがドーパミンが少なくなると筋肉の収縮が強くでてしまい、足を出そうと思っても小刻みに動いてしまうのです。

YNSAⓇに鍼をすることによって脳幹部の視床・視床下部に鍼の刺激が入り、脳の状態が改善されているのではないかと考えられています。

脳卒中後遺症です。YNSAⓇの鍼で良くなりますか?(よくある質問)

脳卒中後遺症の方から
「鍼で良くなりますか?」
「なかなか手足が上手く動きません。鍼で動くようになりますか?」
「肩・背中が痛いです。なんとかなりますか?」
という質問をいただきます。

結論から言いますと、発症から早いほど変化を感じる方が多いようです。
数年経過していても効果を感じる方は多いです。


数回やってみて変化を感じるようであれば、施術を続ける意味はあると思います。

障害を受けた脳細胞が元通りになることは難しいと言われていますが、

脳の可塑性といって、障害を受けた脳細胞の周りが機能を補いあって機能を回復していくことは認められています。

YNSAⓇによる鍼の刺激が脳に何らかの影響を与えていると考えられています。

脳の可塑性を引き出すためには自身の意思によるリハビリなど麻痺側を動かす練習が大切になります。

パーキンソン病です。鍼治療はどれくらいの間隔が良いですか?(よくある質問)

YNSAⓇ(山元式新頭療法)ではパーキンソン病に対して施術を行っています。

「次はいつ来たら良いですか?」

「どれくらいの間隔で来たら良いですか?」

という質問をよくいただきます。

結論から言いますと

「まずは週に1回くらいのペース(可能であれば2回)で1か月から2か月くらいはやってみる事をお勧めしています。

その後は2週間に1回、10日に1回、1か月に1回と間を空けても大丈夫か様子をみてみます。」

鍼施術により人間が持っている自然治癒力が引き出されるので体調の良い時が多くなってきます。

もちろん体調には波がありますので、体調が優れないときもあります。

自然治癒力が高まれば体調が悪くなってもリカバリー(回復)する力が付いてきているので、

普通の状態に戻りやすくなるのです。


「この体調の波の、良い時と、悪い時の差を出来るだけ小さくして行こう」

という考え方です。

体調の波が小さくなれば生活が楽になります。

YNSAⓇの鍼施術では生活の質の向上を目的にとしているのです。

パーキンソン病は鍼で治りますか?(よくある質問)

問い合わせで、「パーキンソン病は鍼で治りますか?」という質問を頂く時があります。

結論から言いますと「パーキンソン病を鍼で治す事は厳しいが、症状を軽くし生活の質を上げる事は可能だと考えております」と

お応えしております。

鍼をすることによって自律神経を整える事は可能だからです。

自律神経が整うことによって、パーキンソン病の症状である

身体のこわばり・手足の震え・歩行のふらつき・意欲の低下・便秘・不眠などの症状が軽くなる可能性は充分あります。

施術を続けることにより、

・食欲が出て食べられるようになる。

・少しづつ散歩ができる・家族との会話が増えてくる。

・眠れるようになる。ことが増えてきます。

・自分でできる事が増えてくる。

・意欲がでてくる。

こうして身体の調子が上がってくると症状の出方が軽くなってくる可能性が十分あるという事です。

身体全体の調子が上がると症状が出ても、調子を取り戻すまでの時間が短くなるという事もあります。

眠れないのが辛い。

寝たつもりでも朝から疲れている。
なかなか寝付けない。
夜中、明け方に眼が覚めてしまう。

眠れないと辛いですよね。

夜眠れるための最初にやることは

朝日を浴びて、ごはん、みそ汁、卵、バナナ、ヨーグルトなどのは朝ごはんをしっかりよく噛んで食べる事です。

眠りにつくためにはメラトニンと言うホルモンが眠りにつく夜の時間帯に出てくれることが大切です。

メラトニンはトリプトファンというアミノ酸(タンパク質)がセロトニンというホルモンに変化してさらにメラトニンに変化して作られます。


トリプトファン→セロトニン→メラトニンの流れが重要なんです。

トリプトファンは豆腐・味噌などの大豆製品、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、米。卵、ピーナッツ、バナナなどに多く含まれます。

身体に取り込まれたトリプトファンがセロトニンに変わるには太陽の光や咀嚼(よく噛む)、散歩、体操などのリズムのある運動によって変化します。

早食いはNGです。

セロトニンがメラトニンに変化するためには朝の太陽の光を眼で感じる事が必要です。

太陽の光を感じて約14時後に活性化します。活性化のためには最低でも約ルクス2500ルクス必要と言われていますが、雨の日でも5000ルクスあります。

室内は照明ではせいぜい500ルクス程度ですので室内に閉じこもっていてばかりではセロトニンはメラトニンに活性しません。


夜作られたメラトニンは深部体温、血圧を下げて副交感神経を優位に保ち熟睡を促すのです。

メラトニンはこのほかに抗酸化作用や抗ガン作用があるといわれています。

このメラトニンは加齢によって分泌量が減ってきます。年を重ねて睡眠時間が短くなる傾向にあるのはこのためです。

良い睡眠をとるためのスタートは朝から始まっているんですね。