当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

花粉症対策に今からビタミンD補充を!!

寒い冬が過ぎると春がやってきます。

温かくなるのは嬉しいのですが、花粉症の方にはうっとおしいことと思います。

今からできる花粉症対策としては、ビタミンDの補給です。

ビタミンDは免疫力を上げる働きがあります。花粉症対策にも効果が期待できます。

ビタミンDは皮膚で日光に当たることによって作られます。食べ物では青魚や干しシイタケなどのキノコ類に多く含まれます。

日照時間が少ない冬は日光に当たる時間が少なくなるので、身体の中のビタミンDが少なくなりやすいです。

食べ物でも意識して身体に取り入れる事が大切です。

「リハビリは脳の回路を変化させて機能を回復させる」という研究がありました。

脳卒中になると手足が麻痺をおこしてしまいます。

後遺症で歩行が難しくなったり片方の手が動かせないので、日常生活がとても不自由になります。

脳卒中後どのようにしたら、手足を再び動かせるようになるのか?

脳卒中になると脳から身体に運動の指示を出すルートが障害を受けてしまい手足動かせなくなってしまいますが、

リハビリを積極的に行ことによって、別の神経のルートが働きだすことが解明されてきています。

別の神経ルートは進化的により古いといわれる脳幹の中でも延髄の網様体と言われるところが関係しているそうです。

まだ、マウスでの研究段階ですが、人間でも同じような事が起こっていることは十分考えられると思います。

あきらめないで続けることが大切です。

人間の身体は複雑に連携しあっています。まだまだ解明されていないことは、

たくさんあるんです。

参考:名古屋市立大学大学院医学系研究科の飛田秀樹教授らの研究です。

身体は食べた物でつくられています。

身体は食べた物でつくられています。

そして、食べたもので心の状態も左右されます。

栄養状態が悪いと、幸せホルモンと言われるセロトニン、眠りの質を上げるメラトニン、

ヤル気を出すドーパミン、ノルアドレナリンが不足してしまいます。

このようなホルモンを作るための材料が不足してしまうと十分なホルモンが作られません。

ホルモン不足は身体だけではなく心の状態にも影響してしまうんです。

ホルモンを作るための材料は、タンパク質、緑黄色野菜、海藻類、キノコ類などに多く含まれます。

栄養が不足しているかどうかの目安は爪です。

「爪のアーチが平らになっている。」「爪が割れやすくもろい。」と栄養が不足しています。

たとえ血液検査でヘモグロビンの値に問題が無くても、必要な鉄分・タンパク質が身体に不足しているサインです。

更に、爪に白い斑点があると、亜鉛不足も考えられます。

脳が疲れると痛みが慢性化しやすい。

・スマホやパソコンをベッドで見る事が多い。

・細かいミスが多い。 

・いつも仕事に追われているように感じる。 

・物忘れがふえた。

・休みの日はぐったりしている。怒りっぽい。

・テレビや雑誌を見る気がしない、見ても頭に内容がはいらない。

・早食いになった。味がわからない。 好きな食べ物に箸をつけなくなった。

このような方は、脳疲労をおこしているかもしれません。

スマホやパソコンからの情報は視覚情報に偏っています。

視覚情報のみが大量に脳に入ってくるので、脳の機能がアンバランスな状態になりやすいのです。

人は本来は視覚だけでなく、

手で触れた触覚、

臭いの嗅覚、

人の話や物音を聞くときの聴覚、

舌で感じる味覚を使って生活するようにできています。

それが視覚情報に偏ってしまうと、脳の前頭前野と言われるところが機能低下をおこすといわれています。

前頭前野は人間特有の、意思・思考・創造力などを司る場所です。

前頭前野が機能低下をおこすとうつ病や自律神経失調症などの原因につながりやすいです。

また、痛みに対しても過敏に反応するようになってしまいます。

前頭前野が疲れてしまうと、慢性的な痛みに繋がりやすいです。

トイレ・ベッドではスマホを見ない。時間を決めて使う。

2.3分でもいいからぼんやりするなど始めてみましょう。

お酒を飲むと翌日、身体が冷える。気分が落ち込む。

酒を飲むと、アルコールを代謝・分解するために、ビタミンやミネラルが多量に使われてしまいます。

アルコールの分解は主に肝臓で行われます。

ビタミンやミネラルは細胞内でエネルギーを作る際に重要な材料です。

アルコールの分解でビタミンやミネラルが体内に不足してしまうと、

エネルギー不足が生じて、熱を作れず体温が下がり気味になり身体が冷えてしまうんです。

特にビタミンB1・B3、マグネシウム、亜鉛が浪費されてしまいます。

ビタミンB1・B3は身体の中で、食べた物をエネルギーに変える際に必要なものです。

マグネシウムはビタミンB1の働きを助ける働きがあり、亜鉛は特に細胞分裂に必要なものです。

これらが不足すると、

疲れやすい・集中力や意欲がわかない・足がつりやすい・気持ちが落ち込みやすい等

といった症状がでてきます。

二日酔いで気分が落ち込むのはビタミン不足も関係しています。

早めにしっかりバランスの良い食事を採ることが大切です。