当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

糖質の取りすぎと腸内環境

夕方眠くなり集中力が低下する。甘いものを食べるとホッとする。肉類はあまり食べず、パン、麺類などの炭水化物の食事が多いかたは、糖質の取りすぎの可能性があります。

糖質をとりすぎると、血糖値の急上昇と急降下が起こり、血管を傷付けやすくなります。動脈硬化のリスクが高まる事もあります。また、糖質の散りすぎは腸内の悪玉菌のえさになり、腸内環境の悪化の原因にもなります。

腸内環境が悪化して、通常は吸収しないものが腸粘膜から吸収されて炎症を起こしやすくなり様々な病気やアレルギーの原因になります。糖質は決して不要なものではありませんが、撮りすぎは禁物です。

姿勢・身体の使い方。

腰痛・肩こりに様々な原因があります。
背骨は横からみるとS字に湾曲しているので、上からの荷重を上手に分散する構造になっています。

猫背になったり、腰が曲がったりすると身体の重みを上手く分散出来ないので、身体に負担がかかります。
本来は骨で支える身体の重みを、背骨周りの筋肉で補うことになるので、筋肉に余計は負担がかかります。

腰を丸めて荷物を持った時の腰への負担は、S字を保った時の約9.5倍になるというデータもあるようです。
どんなに筋肉を鍛えていたとしても、カバーしきれません。

腰痛の治療を受けて、良い姿勢を覚えて腰痛のリスクを減らすことが大切です

花粉症で喉のイガイガ。

花粉症といえば、「眼がかゆい」「鼻水が止まらない」と言った症状が主です。
ひどくなると「眼を取り出して洗いたい!!」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
最近は喉の症状もあるようです。

原因の一つに「口呼吸」もあります。「口呼吸」によって喉が乾燥して、花粉により炎症がひきおこされています。炎症が起こっている場合は自律神経・免疫の状態が乱れていることが多いです。

YNSA®の鍼治療は自律神経に働きかけて調整します。

またYNSA®の治療点には「眼」「鼻」の他に「口」「喉」に該当する箇所もあります。
そこに鍼をしたり、置き鍼をするだけでも症状が軽減する方がいらっしゃいます。

YNSA®の治療では、「合谷」と言われるツボ、「肘回りの診断点」「首の診断点」の反応をみて
該当する頭皮の箇所に鍼をしていきます。頭皮に鍼をするので、座ったままで施術ができます。

お困りの方は是非お試し下さい