当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

080-4201-4782

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
080-4201-4782
Menu MENU

NEWSお知らせ

頭皮に鍼をするのと身体に鍼をする違いは何ですか?

患者様からの質問で、

「頭皮に鍼をするのと手足や背中などの身体に鍼をするのでは何が違うのですか?」

という質問をいただくことがあります。

結論から言うと

「頭皮でも手足でも鍼の刺激は脳に届きますが、

頭皮に鍼をすると身体に鍼をするより

刺激が脳に伝わりやすいのです。」

少し専門的になりますが、

手足に鍼をすると、刺激は背骨を中継して最終的に脳に届きます。

頭皮に鍼をすると、刺激は背骨を中継しない分、

脳に直接とどきます。

特に脳の中の中枢である

「脳幹」といわれる部分を刺激します。

脳幹は自律神経の中枢でもあり、痛みの制御(コントロール)、

情動(喜怒哀楽)とも密接に関係しているところです。

なので頭皮に鍼をすると脳の働きを調整しやすいという利点があります。


では手足や背中に鍼をする利点は何でしょうか?

手足や背中に鍼をする利点は、手足の末端の血流や

背中の反対側にある内臓に働きかけやすいという利点もあります。

それぞれの利点を良く知る事が大切です。

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)はどのような施術法ですか?

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)頭皮に鍼をする方法です。

宮崎県の医師、山元敏勝先生が考案されました。

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)では人の身体を4つのエリアに分けて考えます。

①脳(脳幹・大脳・小脳)

②首のエリア(頸椎)

③背骨のエリア(胸椎)

④腰から足のエリア(腰椎)

に分けて考えます。

それぞれ診断点と治療点(鍼をするところ)があります

合谷、腕、首の診断点と頭皮の鍼をするポイント(治療点)です。

4つのエリアを診断し左右を比較することによってどこに症状の原因があるのかをみて、

頭皮の治療点に鍼をしていきます。

同じ腰痛でも原因は人によって異なります。

同じ人でも時期とタイミングによって原因は異なるので、

鍼をする場所はすこしづつ異なります。

なのでYNSAⓇでは診断が大切です。

診断によって

「どこに鍼をしたら良いのか?」

を毎回探しているのです。

頭に鍼をするので座ったまま施術ができます。

服を着替える必要もありません。

頭皮に鍼をしても頭蓋骨があるので脳に刺さることはないので安心して施術を受けられます。

「休みの日に何もしたくない。」は脳疲労の状態かもしれません。

スマホ・パソコン無しに仕事も生活も考えられない時代になっています。

SNSに投稿すると、「いいね」がついているか?

誰が反応してくれているか?コメントないかな?と気になり続けてしまいます。

仕事のメールでも同じです。

「メールを見てくれたかな?」

「返事が来ているかな?」

「即、返信しないと失礼になってしまう!」

と常に、メールチェックしたいという欲求にとらわれてしまいます。

これは人が「知りたい」という欲求、

「見てもらいたい」という承認欲求からきています。

とくに承認欲求は「ドーパミン」というホルモンと関係していて、

ドーパミンが出ると更にドーパミンが欲しくなる傾向があります。

これがエスカレートすると脳疲労という状態に陥る可能性があるといわれています。

「休日に何もしたくない」

「いままで好きだったものに興味が無くなった」

「物忘れが多くなり、ミスが増えてきた」

これらは脳疲労の状態かもしれません。


脳疲労に状態になると、気分転換に身体を動かすとか、家族とどこかに出かけるとか、

身体を動かすエネルギーも、気持ちも枯渇するといわれています。

家族や他人からみると

「なまけているんじゃないか?」

と誤解されてしまうこともあります。

でも、本人にしてみれば、動けないほど疲れているのです。

この脳疲労が進むといわゆる

「うつ病」

になるといわれています。

「休日にも何もしたくない」

「今まで興味があったものに関心がなくなった」

「ミスが多くなった。仕事の効率が落ちた」

このような時は、

休息・睡眠が必要です。

決して無理をしてはいけません。

真面目な人ほど、脳疲労になります。

気をつけてください。

5月15日(日)YNSAⓇ学会代表理事の加藤先生の講習会に参加しました。

5月15日(日)はYNSAⓇ学会代表理事の加藤先生の講習会に参加してきました。
脳卒中後遺症・パーキンソン病をテーマにした講習会でした。

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)は整形外科的な痛み、自律神経の乱れ、脳神経疾患などに取り組んでいます。

欧米では数万人の医師が治療に取り入れている施術法です。

改めて基本の大切さ・診断→刺鍼→確認の手順の大切さ、

施術の目標設定をしっかり定める事の大切さを

医者の立場でもある加藤先生からお話を聞ける事は

大変貴重です。

また、「YNSAⓇを学びたい!!」

という熱意に満ちた先生方や、

久しぶりに直接お会いした先生方も多く、大変有意義な時間を過ごす事ができました。

今後の診療に活かしていきたいと思います。

パーキンソン病は鍼で治りますか?

問い合わせで、「パーキンソン病は鍼で治りますか?」という質問を頂く時があります。

結論から言いますと「パーキンソン病を鍼で治す事は厳しいが、YNSAⓇの鍼施術によって症状を軽くし生活の質を上げる事は可能だと考えております」とお答えしております。

パーキンソン病では多くの方が、お薬を一日の中で定期的に服薬されています。

服薬の前後で症状が変化したり、寒暖や気圧の変化で体調が変化することが多いように思います。

人には恒常性と言って、自分の身体を健康に保とうとする働きがあります。

この恒常性を保つ力が重要です。

YNSAⓇの鍼施術を続けることによって

恒常性を保つ力がついてくれば、体調が悪くなっても程度が軽くなったり、

体調が悪くなる頻度が少なくなったり、

体調が悪くなっても回復までの時間が短くなる傾向がでてきます。



YNSAⓇの鍼によってパーキンソン病の症状である

・身体のこわばり

・手足の震え

・歩行のふらつき

・意欲の低下

・便秘・不眠

などの症状が軽くなる可能性は充分あります。

施術を続けることにより、

・食欲が出て食べられるようになる。

・少しづつ散歩ができる・家族との会話が増えてくる。

・眠れるようになる。

・自分でできる事が増えてくる。

・意欲がでてくる。

こうして身体の調子を整えることにより生活の質がよくなる可能性があります。

ご本人が少しでも楽になれば、家族も精神的に楽になります。

私達は患者とそのご家族の力になりたいと考えています。