お知らせ Information

7月の予定です。よろしくお願いいたします。

7月の予定です。

 

休診日:月・火曜日

    

受付時間:水~土曜日、10:00~17:00

     日曜日、10:00~13:00です。

 

お問い合わせ・ご予約は、御電話、メール、LINEで受け付けております。

 

宜しくお願い致します。

 

気温差・湿度差の大きい季節です。

 

睡眠をしっかりとって、疲れを溜めないようにしましょう。

 

 

胃腸の不調、嚥下運動、パーキンソン病、自律神経の乱れと迷走神経

脳の延髄から出て胸の中、お腹の中に広く広がっている迷走神経という神経があります。

 

食べ物を飲み込む、胃腸を動かす、心臓の動きを調整する、などとても重要な役割をしています。

 

自律神経の乱れと深く関係していて、胃腸の不調や血圧の異常、

 

嚥下障害などと関係があると考えられています。

 

最近の研究では、腸内環境の影響が迷走神経を介して脳に及んでパーキンソン病の原因に関係しているのではないか?という説もあるようです。

 

参考図書:解剖学、社団法人東洋療法学校協会、医歯薬出版株式会社、

片頭痛・顔の痛み・目の痛み・下歯槽神経麻痺と三叉神経

・片頭痛はズキズキという拍動性の痛みが特徴です。

 

筋肉の凝りが原因の緊張性頭痛ですと

 

「温めて血流を良くする」と楽になるのですが、

 

片頭痛は血流が良くなる「逆に辛くなる」のが特徴です。

 

原因は「三叉神経・血管説」仮説があり、脳の血流を調整している三叉神経が

 

何らかの原因で炎症を起こしてしまう事が原因ではないか?

 

と考えられています。

 

・顔の痛みには、三叉神経痛などがあります。

 

顔に何か触れていると三叉神経を介して脳の感覚野に伝わります。

 

この三叉神経が何らかの原因で炎症を起こすと三叉神経痛を起こします。

 

「ビリビリッ」とした痛みが特徴で少しの刺激で痛みが誘発されてしまう傾向があります。

 

・歯科治療などで、歯の感覚を司っている三叉神経の中の

 

下歯槽神経にダメージを与えてしまうと

 

痛みやしびれが残ることがあります。

 

三叉神経は首から上の症状と大きく関係している可能性があります。

 

参考図書:生理学、公益財団法人東洋療法学校協会、

     痛みのサイエンス、中場道子、新潮選書

 

予約・お問い合わせ

施術予約や各種お問い合わせは
こちらで承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

Page Top