お知らせ Information

病気の種類と自律神経について

自律神経の働きには、交感神経と副交感神経があります。

 

これらの働きは、人が大昔に洞窟で生活していた時代とあまり変わっていないと考えられています。

 

交感神経は獲物や外敵に出会ったときなどの戦闘態勢モードです。

 

なので血圧・脈拍・血糖値が上昇し、全身の筋肉が緊張し、汗をかきます。

 

体温も上昇します。

 

この時は、内臓の蠕動運動はお休みモードになります。

 

副交感神経は獲物を得て仲間とリラックスしながら食事をしているようなモードです。

 

食事をしているので内臓の運動が活発になります。唾液も大量に分泌されます。

 

さまざまな病気や体調不良の原因に交感神経・副交感神経の働きの不調が考えられます。

 

交感神経の働きすぎ、副交感神経の働きすぎ、どちらが原因で始まったのか?

 

この原因を考えることは大切なポイントになるかもしれません。

 

参考図書:阿保徹のやさしい解体新書、実業之日本社

 

 

 

 

4月の予定です。よろしくお願いいたします。

4月の予定です。

 

休診日:月・火曜日

    4月は所要のため、10日(水)、11日(木)をお休みさせていただきます。

 

受付時間:水~土曜日、10:00~17:00

     日曜日、10:00~13:00です。

 

お問い合わせ・ご予約は、御電話、メール、LINEで受け付けております。

 

宜しくお願い致します。

YNSA®学会認定治療師を更新させていただきました。

この度、YNSA®学会認定治療師を更新させていただきました。

 

五年ごとの更新となっております。

 

気持ちを新たに取り組んでいきたいと思います。

 

予約・お問い合わせ

施術予約や各種お問い合わせは
こちらで承っております。
まずはお気軽にお問い合わせください。

Page Top