当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

080-4201-4782

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
080-4201-4782
Menu MENU

NEWSお知らせ

「やせるツボはありますか?」と良く聞かれますが・・・。

この仕事をしていると

「やせるツボはありますか?」とよく聞かれます。

「食欲を抑える耳つぼ」とか話には聞きますが、私は

「残念ですがありません・・・。」と応えています。

そんな質問をされる方に

「痩せるために、糖質を抜いて(又は控えて)います。」

とおっしゃっる方が多くいるようです。

健康や美容に良いと信じて糖質を控えている方もいらっっしゃると思いますが、どの様な健康法にも

その人に合っているか?が大切です。

結論から言うと、

脂肪肝がある人、筋肉量が少ない方は糖質制限は不向きです。

糖質は人間が生存するために必要なエネルギーです。車で言えばガソリンです。

人間の身体は洞穴で生活していた数千年前とほとんど仕組みは変わっていません。

一日三回食事が出来るようになったのはつい最近です。

大昔は「いつ食べられるか分からない事」が普通なので、身体の中にエネルギーを蓄えておいて飢餓状態になったらそのエネルギーを使うように出来ています。

このエネルギーはどこに蓄えられているかいうと、肝臓や筋肉に蓄えられています。

このことは今でも変わりません。

しかしこの飽食の時代で、肝臓や筋肉に蓄えられたエネルギーを使う前にどんどんエネルギーが身体に入って来るので、余った糖質は内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられてしまいます。

つまり内臓脂肪や皮下脂肪が多くついている人は筋肉や肝臓に蓄えられている糖を使う前に、口から糖質を摂ってしまうので、
ますます内臓脂肪や皮下脂肪が増えるという悪循環に陥ってしまう可能性があるのです。


脂肪肝や筋肉量が少ない人が糖質を控えると低血糖になった時に肝臓や筋肉から上手く糖質を引き出す事ができません。

このため低血糖になってフラフラしたり、イライラしたり、攻撃的になったりします。

健康診断で「脂肪肝はない」といっても、血液検査でALTの値がASTより高いと、

実は脂肪肝が隠れている可能性があります。


また、寝ている間は食べられないので知らない間に低血糖状態になっている可能性があります。

これを夜間低血糖といいます。

血糖値を上げるためにアドレナリンが出てどうにか維持しているのです。

アドレナリンは交感神経が優位になるので身体が緊張状態になります。

朝起きた時に身体が疲れている、寝汗がひどい、よく寝違えると言った方は夜間低血糖かもしれません。

寝ている間に身体が緊張してるんですね。

これらを克服するには適度な運動が必要です。食べた物をエネルギーに変えて消費することが大切です。

少しづつでも歩くことから、出来る事から始める事が大切です。

当たり前のことに思われるかもしれませんが、意外と出来てないんですね。

不安に押しつぶされそうな時はどうする?

有名人の方が亡くなったことが報道されています。

「どうしてそんなことになったのだろう?」

「だれかに打ち明けることはできなかったのだろうか?」

「明るくふるまっていたのに、どんなにか苦しい思いをしていたのだろう?」

いろいろな思いが沸き上がってきます。

誰かに話す事が出来れば、それだけでも心は軽くなるものだと思います。



不安な時は脳内でアドレナリンというホルモンが分泌されます。

「闘争・逃走ホルモン」といわれ、文字どうり

「戦うか・逃げるか」を選択する時に出されるホルモンです。

「戦うか?逃げるか?」という事は即行動するという事です。



ですからじっとしていては、アドレナリンは放出され続けるので不安な気持ちは続きます。

行動と言ってもどうしたら良いでしょうか?

大げさな事ではないです。先ずは簡単な事からでも始めることです。

例えば

①誰かに話す。
誰かに不安な気持ちを聞いてもらえるだけでも気持ちが軽くなるものです。

②書く
書いてみて客観的にみる事ができます。何か別の考えが浮かぶこともあります。

③身体を動かす。環境を変える。
いわゆる気分転換です。散歩するだけでも良いし、少し汗ばむような運動をすると、頭がリフレッシュされます。本当にだめだと思ったら環境を変える事も手段です。

などなど。

一人でも良いので、話せる人がいると心が軽くなるものです。


参考図書:樺澤紫苑「ストレスフリー超大全」ダイヤモンド社

第3の痛み。「痛覚変調性疼痛」とは?

痛みの種類には従来2種類あるといわれていました。

切り傷や打撲などケガで皮膚や筋肉が傷ついて痛みを感じる
・・・「侵害受容性疼痛」

手術や事故、脳卒中の後遺症で神経または神経細胞が傷ついて起こる
・・・「神経障害性疼痛」

この二つに当てはまらない痛みがあるという事が医学界でも認知されるようになってきました。

それは、CTやMRIの画像診断や血液検査でも全くの異常がないにも関わらず実際に感じられる痛みです。

第3の痛みともいわれる

「痛覚変調性疼痛」です。

痛みの信号は皮膚などから神経を伝わって脊椎(背骨)に入り、脳に伝わります。

この痛みを伝える信号のルートに異常がおこり、痛みを感じるようになるのです。

この痛みは、痛みへの不安・恐怖・ストレスなどの心理的な影響が大きく関係しているのです。

この「痛覚変調性疼痛」は従来の痛みが長引いた時にも起こるといわれています。

痛みが長引き、不安・うつっぽい・怒り・人間関係のストレスなどが加わると、

痛みを感じる信号のルート上に異常がおこってしまうのです。

ひとには本来痛みを抑制して身体を治そうという力があります。

いわゆる「自然治癒力」です。

この「自然治癒力」には脳の働きが大きく関係しています。

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)はどのうような施術法ですか?(合谷について)

YNSAⓇ(山元式新頭鍼療法)は宮崎の医師、山元敏勝先生が考案された施術法です。

頭に鍼をする施術方法です。

診断点と治療点(刺鍼点)があり施術の手順が明確で効果が高いため、欧米の医師が数万人実践されている世界的に有名な鍼施術法の一つです。

YNSAⓇの診断点の最も大切な場所は「合谷」と」言われるポイントです。

東洋医学的にも大切はツボ(経穴)の一つで、

頭痛・肩こり・眼精疲労・高血圧・胃腸消化器症状など使用頻度の多いツボです。

鍼麻酔でも使われるようで、合谷と脳内のエンドルフィンと言われる痛みを抑制する神経伝達物質との関係が分かってきているようです。

また、合谷を刺激すると脳の前頭前野の血流がアップするともいわれています。

脳の前頭前野の一部が、痛みを抑制する働きを担っているといわれていますので、

合谷を刺激・整える事は脳の前頭前野の働きを整えて、痛みを抑制したり、自律神経を整える事と関係していることが予想されます。

怒りっぽくなるのはなぜ?

新型コロナの陽性者が激減しました。

この先また増えてしまうのか?どうなるのか分からい状況です。

先が見えないストレスほどツライものはありません。

あおり運転やマスク警察などなど世知辛いニュースが増えてきたのもコロナ以降のような気がします。

これらは感情をコントロールができなくなっていることが原因だと思います。

人は不安や恐怖を感じると活性化する脳の奥の扁桃体という部分と、

理性的に物事を判断する前頭前野の働きで精神のバランスを摂っています。

扁桃体が活性化すると、アドレナリン・ノルアドレナリンと言ったホルモンが分泌されます。

これは別名「闘争・逃走ホルモン」とも言われており、人類がまだ洞窟にすんで狩猟生活をしていた時からの身体の仕組みなのです。

命の危険にさらされた時に「戦うか!逃げるか!」と行動する時に出るホルモンです。

「戦うか!逃げるか!」して命の危険を回避するのですがコロナのご時世は長期にわたり、なかなか改善することはありませんでした。

脳内の扁桃体が活性化した状況が続いたので前頭前野の活動が低下して、

怒りや恐怖の感情のコントロールが効かなくなってしまっている人が多いのだと思います。

この扁桃体と前頭前野のバランスを摂り精神を安定させるためには、

・質の良い睡眠

・その人の状態にあった運動

・朝日を浴びて(少なくとも午前中に日光を浴びる)散歩する

ことがお勧めです。



参考文献(ストレスフリー超大全・樺澤紫苑・ダイヤモンド社)