当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

亜鉛不足と糖尿病

鉛不足の関係は意外に思うかもしれませんが、
糖尿病患者では低亜鉛血症多くみられると、言われています。


糖尿病には遺伝性の1型と生活習慣からなる2型があります。
いずれの患者でも平均約40%低下している。というデータもあるようです。


糖尿病は膵臓からのインスリンの分泌が少なくなってしまう病気です。
膵臓でインスリンを作る時と、膵臓の中に蓄える時、必要に応じて分泌する時に亜鉛がとても重要になってくるのです。

糖尿病でなくても亜鉛が身体に少ないと、低血糖症や食後高血糖になりやすくなるという事です。


亜鉛は膵臓だけでなく肝臓や腎臓、前立腺や骨・皮膚・毛髪や脳細胞にもとても多く含まれています。

認知症の患者の方では海馬といわれる記憶と関係が深い場所が委縮しているといわれていますが、原因の一つに亜鉛が不足も挙げられています。


亜鉛を多く含む食品は

牡蠣・牛レバー・豚レバー・牛肉豚肉・かつお節・大豆製品・ナッツ類・卵などです。

亜鉛が不足していると、怒りっぽい?!

人の身体は、自律神経が働いているおかげで生活できています。

心臓を動かして呼吸して、食べた物を消化吸収して排便や尿として出す・・・など数えたらきりがありません。


その自律神経が働くためにも燃料が必要です。

例えば車が動くにもガソリンやオイル、バッテリー液などがメンテされてないと走らなくなってしまうのと同じです。

ガソリンがは満タンでも、オイルが汚れていては燃費が悪くなり排気ガスが臭くなったりそのままにしていると故障の原因にもなります。

人の身体も同じです。



自律神経がちゃんと働くためにも燃料やオイルに相当するものが必要です。

炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維などがそうです。

このなかで不足しがちなものの一つがミネラルに含まれる亜鉛です。

亜鉛は細胞が生まれ変わるときに(細胞分裂)特に必要です。




細胞分裂が盛んな場所では特に必要とされます。赤血球で不足すると貧血・舌で不足すると味覚障害・眼の網膜で不足すると視力の異常などが起こります。

脳の中で幸せホルモンと言われるセロトニン・やる気ホルモンといわれるドーパミンを作る時にも特に必要です。

セロトニンやドーパミンが不足すると、



ヤル気がでない・うつっぽい・気分の浮き沈みが激しい・不安感が強く攻撃的になる

などの精神状態になりやすいと言われています。

マウスの実験で亜鉛の少ないエサを与えると攻撃性が増すというデータもあるようです。

また糖尿病のリスクも高くなるともいわれています。


意識して亜鉛を取り入れても、食品添加物のリン酸塩が亜鉛の吸収を阻害してしまうので思った以上に不足しがちなのです。

食品添加物の入っていない食べ物を探す方が大変ですからね。

「怒りっぽいなあ」とか「イライラしやすいな」と思ったら亜鉛不足を疑ってみてください。

もし爪に白い斑点があったら、」亜鉛不足の可能性があると言われています。

脳が疲れると眼が疲れる。ブルーライトの影響

リモートワークでパソコンやスマホを見る時間が増えている方は多いようです。

近くで画面を見続けていると眼が疲れます。

なぜでしょうか?

人間の自律神経の仕組みは洞穴で生活していた数千年前と変わりはないです。

人間は遠くを見る時は臨戦態勢の交感神経が優位になります。

遠くを見る時は、外敵や獲物をいち早く見つけて血圧と血糖値を上げて身体を緊張させます。

すぐ行動に移せるように交感神経が優位になります。

逆に近くを見るときはリラックス系の副交感神経が優位になるようにできています。

近くを見る時は、リラックスして家族や友人と会話したり食事をして内臓の消化活動が高まります。

副交感神経が優位になりリラックスしています。

ところが長時間パソコンやスマホの近くを見る事は副交感神経優位なのに、仕事の緊張やストレスを抱えて交感神経優位なるという矛盾したことをやっているのです。

これは人間が長い歴史の中では体験したことのないことなので、脳はパニックになり疲労が倍増します。

さらに、ブルーライトが悪影響を与えるといわれています。

ブルーライトは昼間の日光に多く含まれているので、脳は昼間と勘違いして覚醒状態になります。

寝る前にスマホを見ると眼がさえて眠れなくなるのはこのためです。

脳が疲れて眼が疲れているのです。

脳疲労という言葉も出てきました。

この脳疲労の解消には質の良い睡眠が最も大切です。

糖質を控えて良い人と悪い人がいます。

糖質制限が身体に良いと言われて、

糖質オフ、糖質50%オフ製品が多く出回っています。

健康や美容に良いと信じて糖質を控えている方もいらっっしゃると思いますが、どの様な健康法にも

その人に合っているか?が大切です。

結論から言うと、

脂肪肝がある人、筋肉量が少ない方は糖質制限は不向きです。

糖質は人間が生存するために必要なエネルギーです。車で言えばガソリンです。

人間の身体は洞穴で生活していた数千ねん前とほとんど仕組みは変わっていません。

一日三回食事が出来るようになったのはつい最近です。

それまではいつ食べられるか分からない事が普通なので、身体の中にエネルギーを蓄えておいて飢餓状態になったらそのエネルギーを使うように出来ています。

このエネルギーはどこに蓄えられているかいうと、肝臓や筋肉に蓄えられています。

このことは今でも変わりません。

しかしこの飽食の時代で、肝臓や筋肉に蓄えられたエネルギーを使う前にどんどんエネルギーが身体に入って来るので、肝臓や筋肉に蓄えられたエネルギーを上手く使えない人が多くなっているのです。

脂肪肝のある人や筋肉量が少ない方は蓄えられた糖質を上手く使えないのです。

なので、脂肪肝や筋肉量が少ない人が糖質制限をやると、低血糖状態になってフラフラしたり、イライラしたり、攻撃的になったりします。

健康診断で「脂肪肝はない」といっても、血液検査でALTの値がASTより高いと、

実は脂肪肝が隠れている可能性があります。




また、寝ている間は食べられないので知らない間に低血糖状態になります。

これを夜間低血糖といいます。

血糖値を上げるためにアドレナリンが出てどうにか維持しているのです。

アドレナリンは交感神経が優位になるので身体が緊張状態になります。

起きた時に身体が疲れている、寝汗がひどい、よく寝違えると言った方は夜間低血糖かもしれません。

寝ている間に身体が緊張してるんですね。

これを克服するには適度な運動が必要です。食べた物をエネルギーに変えて消費することが大切です。

当たり前のことに思われるかもしれませんが、意外と出来てないんですね。

質の良い睡眠をとるためには何をしたら良いの?

寝たつもりでも朝から疲れている。
なかなか寝付けない。
夜中、明け方に眼が覚めてしまう。

などぐっすり眠れないお悩みの方がいらっしゃいます。

夜眠れるための最初にやることは

朝日を浴びて、ごはん、みそ汁、卵、バナナ、ヨーグルトなどのは朝ごはんをしっかりよく噛んで食べる事です。

眠りにつくためにはメラトニンと言うホルモンが眠りにつく夜の時間帯に出てくれることが大切です。

メラトニンはトリプトファンというアミノ酸(タンパク質)がセロトニンというホルモンに変化してさらにメラトニンに変化して作られます。


トリプトファン→セロトニン→メラトニンの流れが重要なんです。

トリプトファンは豆腐・味噌などの大豆製品、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品、米。卵、ピーナッツ、バナナなどに多く含まれます。

身体に取り込まれたトリプトファンがセロトニンに変わるには太陽の光や咀嚼(よく噛む)、散歩、体操などのリズムのある運動によって変化します。早食いはNGです。

セロトニンがメラトニンに変化するためには朝の太陽の光を眼で感る事が必要です。

太陽の光を感じて約14時後に活性化します。活性化のためには最低でも約ルクス2500ルクス必要と言われていますが、雨の日でも5000ルクスあります。

室内は照明ではせいぜい500ルクス程度ですので室内に閉じこもっていてばかりではセロトニンはメラトニンに活性しません。


夜作られたメラトニンは深部体温、血圧を下げて副交感神経を優位に保ち熟睡を促すのです。

メラトニンはこのほかに抗酸化作用や抗ガン作用があるといわれています。

このメラトニンは加齢によって分泌量が減ってきます。年を重ねて睡眠時間が短くなる傾向にあるのはこのためです。

良い睡眠をとるためのスタートは朝から始まっているんですね。