当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

片頭痛は遺伝?

休日になりホットした時などに頭が痛い。

天気が悪くなる前に頭が痛くなる。首がギューッとなる。

片頭痛は身体を動かすと辛く、ただ暗いところで寝るしかない状況になるほどつらいものです。

光や音に過敏になりやすい事も特徴です。

「片頭痛は遺伝だから治らない。しょうがない。」と思われる方もいらっしゃるようですが、

正確には「多因子遺伝」と言って、必ずしも発症するわけではないと言われています。

ストレスや生活習慣、高血圧などが関係していると言いわれており、逆にこれらを整えれば

充分改善するものなんです。

脳内でセロトニンというホルモンが減少することが原因といわれています。

セロトニンはリズミカルな運動や呼吸を行うこよとによって出やすくなると言われています。

食事の時によく噛む、ガムをかむのも良いようです。

週末の休みの午前中に散歩したり、ヨガや太極拳などの軽い運動をすることによって

片頭痛が改善した例は多数あるようです。

腰が痛い時は、安静?動いた方が良い?

12月になり急に寒くなってきました。今まで温かかったので身体にこたえますよね。

バタバタ忙しく、ストレスがたまっている時に身体が冷えると体調を崩しやすいです。

ふとした動作をした時にぎっくり腰になりやすいんですよね。

欧米では「魔女の一撃」ともいわれます。
痛い時は、身体を動かした方が良いのか?

ぎっくり腰になった後、
安静にした場合と、早い時期から出来る範囲で動かした場合の比較です。

ぎっくり腰のあと、3ヶ月以上痛みが続いた割合です。
安静にしていたグループ 約30%
早期から動いたグループ0%

ぎっくり腰の2回目を再発した割合
安静にしていたグループ
約50%
早期から動いたグループ
約20%以下
だった。

じっと安静にしていると、身体の血流も悪くなり筋力の低下にもつながります。

動かさないでいると疲労物質が増えて筋肉も硬くなってしまい、身体に負担がかかりやすいという悪循環に陥ってしまいます。

腰痛の時は、いかに早く日常生活に戻る事が大切です。早い時期から身体を動かすことが再発防止につながるということですね。

痛いとなかなか身体を動かすことができないので、

初期の段階で痛みを楽にすること、痛みを長引かせないことが大切です。


参考文献
山元式新頭鍼療法の実践
著 加藤直哉/冨田祥史
三和書籍

お腹を冷やさないようにするには。

身体がひえて、特にお腹が冷えるとお腹が痛くなったり、ゆるくなったりする方がいらっしゃると思います。

女性はお腹が冷えると特に影響があります。

お腹を冷やさないようにするには、足首周りを冷やさないようにすることがポイントです。

最近は、短い靴下が多いです。短い靴下はスポーツしたりして体温が上昇した時に体温を放熱しやすくするのに適しています。

寒いときに短い靴下をはいていると、足が冷えてお腹が冷えやすくなります。

東洋医学では、足首周りに消化器系や婦人科系の重要なツボが多いです。

足首周りのツボはお腹の消化器系や婦人科系の臓器とつながりがあると考えられています。

足湯すると全身が温かくなってきますよね。

最近では内臓と足の筋膜とにのつながりも分かってきています。

長めの靴下やレッグウォーマーなどで足首周りを冷やさないようにすることが重要です。

風邪をひかないようにするには?

寒かったり暑かったり季節が乱れています。

汗をかいて寒いところにでると身体が冷えてしまいます。冷えやすい季節です。

着るものにも困りますよね。

身体を冷やさないようにするには五つの首を冷やさないようにするのがポイントです。

首・左右の手首・左右の足首の五か所です。

例えば首が冷えると身体が芯から冷えやすくなります。

そして風邪をひきやすくなります。

東洋医学では首の後ろの「風門」と言われるツボから風邪が入ってくると考えられています。

外出時はマフラーやネックウォーマーを準備すると良いです。暑い時はすぐ外せるので便利です。

寝る時はタオルを巻くなどで調整すると良いです。

タオルでも洋風のタオルや薄手の日本タオルなど肌触りにそれぞれ特徴があるので試してみる価値はあります。

お酒を飲むと、なぜラーメンや甘い物が食べたくなるのか?

12月がもうすぐです
忘年会などお酒を飲む機会が増えてくる季節がやってきます。

つい暴飲暴食してしまいます。翌日、目が覚めて後悔してしまう経験はありますよね。

それにしても、一次会が終わるころや夜中にラーメンや甘いスイーツを食べたくなるのはなぜでしょうか?

甘い物が食べたくなるのは、理由はシンプルで血液中の血糖値が下がるからです。では何故血糖値が下がるのでしょうか?

それは肝臓の働きと関係があります。

肝臓には糖質が蓄えられていて、不足すると肝臓に蓄えられていたグルコース(糖質)を血液中に放出します。

これにより血糖値が上昇します。

お酒を飲むと肝臓はアルコールの分解をすることが最優先となります。そのため下がった血糖値を上げる事が出来なくなるから、甘い物が食べたくなるのです。

本来はしばらくやり過ごすと、身体に蓄えられている脂肪や筋肉を分解して糖を作り出したり、ケトン体と言われるものを作ります。

でも我慢できずにたべてしまうんですね。