当院からの皆様へのお知らせを掲載しております。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

03-6909-7655
Menu MENU

NEWSお知らせ

痛みが続くと、脳が痛みに過敏になります。

YNSAⓇでは頭皮に鍼をします。腰の痛みでも頭皮に鍼をします。

頭に鍼する事と腰痛とは関係なさそうですが、痛みは脳で感じています

本来、人は痛みを抑える働きをもっています。痛みを抑える働きと脳には深い関係があります。

痛みがあると脳内から痛みを和らげる物質が出て痛みを緩和させたり、神経の働きを使って痛みの回路をストップさせたりします。

しかし、生活習慣・仕事の人間関係・家族間の問題などで、身体の疲労、精神的ストレスが続くと、脳が持っている痛みを抑える働きが低下してしまいます。

痛みを抑える働きに関係する脳の場所は、前頭前野と扁桃体と言われるところです。

前頭前野は「人間らしい意思の最高中枢」ともいわれています。理性・知性と関連があり、将来を予測して計画を立てたり、行動するところです。

扁桃体は、脳の中では人間以外の動物にも有る原始的な部分で、生命維持に必要不可欠の場所です。いかに早く危険を察知して身を守るか?等「逃避・攻撃・怒り・恐怖・不安・・・」と深い関連があります。

前頭前野がしっかり働いている間は痛みを抑えることは可能ですが、長引くストレスにより前頭前野の働きが低下してしまうと、扁桃体の暴走が止められなくなります。

体調や精神状態が普通の時よりも何倍にも痛みを感じやすくしてしまいます。

このように感情と痛みは大きく関係しています。

頭皮に鍼をすることによって身体と脳の働きを整えて痛みを緩和させていきます。

足がしびれる・腰が痛い・・・。

いわゆる坐骨神経痛はお尻から足の後ろ側・外側に広がる痛みで、坐骨神経と言われる神経が圧迫され炎症が起こっていることが原因です。

正座すると足が痺れるのは、血管と神経が圧迫されるからです。

これと同じような事が、腰の骨から足のどこかで起こっているのです。

例えば

・腰椎の椎間板のヘルニアが飛び出て神経を圧迫する。
・脊柱管と言われる部分が狭くなって神経を圧迫する。
・お尻の奥にある梨状筋と言われる筋肉が神経を圧迫する。

等、神経が圧迫される場所にはそれぞれ特徴があります。神経が圧迫される場所によって辛い姿勢・楽な姿勢が変わってきます。

症状が進むと痺れや痛みのため歩くことが辛くなります。座っていると足が痺れる等の症状もでてきます。

痛み・炎症が長く続き神経が変化してしまうと、慢性化してしまいます。そうなると痛み止めを飲んでも痛みが治まらなくなってしまう事もあります。

痛み(炎症)が長期間続くと心と身体のストレスは甚大です。

精神的にも落ち込み・仕事や家庭での将来に対する不安・恐怖・怒り等のネガティブな感情を抱きやすくなります。

このネガティブな感情は身体の治癒力を大きく妨げ、痛みに対して過敏に反応する脳の状態になってしまいます。

YNSA®の鍼施術では、「合谷」といわれるツボ・肘と首にあるポイントで頭皮の刺鍼ポイントを決めて施術します。

痛みや痺れは脳で感じています。脳が痛みで過敏になってしまう痛みを健康なときよりも何倍にも感じ取ってしまいます。

この過敏になった脳をリラックスさせてあげる事によって人が本来もっている免疫力を整えていきます。

頑固な肩こりが取れないのはなぜ?

・いつも同じ側の肩がこる。痛みが頭から離れない。

・昼間眠気がくるなど能率が悪くなり、判断力・集中力が低下した。

・常に仕事に追われていると感じる

休日は、遠くに出かけたり、ジムできつめの運動をする。

・疲れたら栄養ドリンクを飲む習慣がある。

このような状態が続いているときは、脳が疲れている可能性があります。

脳が疲れていると「頭痛・首コリ・肩こり・腰痛・倦怠感」がなかなか改善しにくい状況になります。

同じ痛みでも、脳が疲れていると何倍にも痛みを感じてしまう状況になります。

脳が過敏になっているんです。

脳が過敏になると、過敏でない時の何倍にも痛みを感じやすくなってしまいます。

YNSAⓇの鍼施術には、頭皮に全身各部位のツボがあります。自律神経の中枢である脳幹部に相当するツボもあります。

上腕部・首の各部位と「合谷」のツボの状況で頭皮の刺鍼ポイントを決めていきます。

第6回YNSA全国大会に参加してきました。

10月13.14日
宮崎にて第6回YNSA全国大会が開催されました。
全国から150名程の先生方と台湾からも参加された先生もいらっしゃいました。13日には、第1回学会認定治療師資格試験が行われ、レセプションパーティーは大変豪華で盛大に行われました。

14日は症例発表が行われました。整形外科的疾患からパーキンソン、脳卒中後遺症、難治性頭痛、台湾の先生の突発性難聴、などの症例が発表されYNSAの奥深さと可能性を感じずには入られませんでした。

日本笑い学会副会長の昇幹夫先生の笑いと涙ありの講演、
山元先生の実技も拝見する事が出来ました。
大変盛りだくさんで、有意義な二日間でした。

多くの先生方と出会い、ここで得たものを、今後の臨床に生かしたいと思います。

手足が冷える。

手足が冷える原因には様々なものがあります。

足の冷えの多くは、東洋医学的には「気逆」といわれます。頭寒足熱といって気・血の巡りが手足先まで行き届くと良いのですが、    

 「冷えのぼせ」て逆に顔が火照って、
手足が冷たくなってしまいます。

多くは自律神経のトラブルです。女性の場合は更年期が近くなると、「冷えのぼせ」の症状が出やすいです。

身体全体の筋肉量・身体の奥、内臓周りの深部体温も深く関係しています。

YNSAⓇの鍼施術では腕と首にあるポイントで頭皮にある刺鍼ポイントを確認して施術していきます。

自律神経の中枢である脳幹部や手・足・背中・各内臓に該当するポイントを施術していきます。

頭皮は2mm程度ですので、刺しても2mm程度です。脳は頭蓋骨に覆われているので、脳に刺さる事もなく安全です。