当院の施術内容の一つであるYNSA®方式について掲載しています。

03-6909-7655

受付曜日・時間はトップページ下の
カレンダーをご覧ください。

お問い合わせ
03-6909-7655
Menu MENU

ABOUTYNSA®の鍼治療について

YNSA®(山元式新頭鍼療法)

  • 座ったままでの施術が可能
  • あらゆる症状の改善が期待できる
  • 微細な鍼を使用するため痛みがほとんどない

世界で認められた技術

日本ではあまり知られていませんが、宮崎の医師「山元敏勝」先生が開発された技術で、世界ではすでに数千人の医師が実践する非常に有名な施術方法です。
YNSA®の技術は世界中で認められています。ドイツでは整形外科をはじめとして麻酔科・内科などの多様な診療科の医師が実践し、ブラジルでは山元先生の名前を冠した病院がブラジル政府の国費によって建てられています。宮崎で開催される山元先生のセミナーには、世界中の医師が泊まりがけで参加します。

施術の特徴
「YNSA®の取り組み」

YNSA®の特徴は、山元先生が発見された頭部のツボに鍼をすることです。
このツボは全身に対応しており、麻痺や肩こり、腰・膝の痛みなど、さまざまな症状にアプローチできます。
また、座ったままで施術できるので、服を着替えたりする必要がありません。施術中に状態の変化を確認し、コミュニケーションをとりながら進めることができます。
当院には、鍼の苦手な方には電気のお灸で行う、鍼を刺さないやり方もあります。さらに、「ていしん」と言われる先端が丸くなっている刺入できない鍼で、手足の皮膚を刺激する施術を併せて行うこともあります。これらはお客様に合わせて行います。

痛み・リウマチ

YNSA®では頭皮に鍼をします。腰の痛みでも頭皮に鍼をします。
頭に鍼する事と腰痛とは関係なさそうですが、痛みは脳で感じています。
本来、人は痛みを抑える働きをもっています。痛みを抑える働きと脳には深い関係があります。
痛みがあると脳内から痛みを和らげる物質が出て痛みを緩和させたり、神経の働きを使って痛みの回路をストップさせたりします。
しかし、生活習慣仕事の人間関係・家族間の問題などで、身体の疲労、精神的ストレスが続くと、脳が持っている痛みを抑える働きが低下してしまいます。
痛みを抑える働きに関係する脳の場所は、前頭前野と扁桃体と言われるところです。
前頭前野は「人間らしい意思の最高中枢」ともいわれています。理性・知性と関連があり、将来を予測して計画を立てたり、行動するところです。
扁桃体は、脳の中では人間以外の動物にも有る原始的な部分で、生命維持に必要不可欠の場所です。いかに早く危険を察知して身を守るか?等「逃避・攻撃・怒り・恐怖・不安・・・」と深い関連があります。
前頭前野がしっかり働いている間は痛みを抑えることは可能ですが、長引くストレスによ前頭前野の働きが低下してしまうと、扁桃体の暴走が止められなくなります。
体調や精神状態が普通の時よりも何倍にも痛みを感じやすくしてしまいます。
このように感情と痛みは大きく関係しています。
頭皮に鍼をすることによって身体と脳の働きを整えて痛みを緩和させていきます。

リウマチは30~50代の女性に多くみられます。自己免疫疾患といわれています。
外敵から自分を守るはずの免疫が誤作動を起こして、関節の中の滑膜と言われるところを攻撃して炎症が起こる病気です。
関節破壊が進行し変形が起こる前に、医療機関を受診して治療を開始することが大切です。
症状としては手足の関節・指の複数の関節が腫れて痛みます。朝のこわばりや、締め付けられるような痛みがあります。関節の可動域が狭くなっていきます。
身体を動かさないでいると可動域はますます狭くなり筋力も低下してしまいます。
関節リウマチは免疫の誤作動ですが、免疫の働きは自律神経と関係しているといわれています。自律神経は交感神経と副交感神経からなっています。
交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと免疫力が崩れて様々な症状がみられるようになるといわれています。
YNSA®では自律神経の働きを整えることにより、痛みの軽減と可動域の確保・血流の改善を主な目的で施術しています。

頭皮には全身の各部分に対応したポイントがあります。
上腕と首の診断ポイントの反応を見ながら、頭皮の刺鍼ポイントを決めて施術していきます。

頭皮に刺鍼して30分程置きます。座ったままで施術できるので服を着替える必要はなく、頭蓋骨で脳は覆われているので脳に刺さることはなく安全です。

脳血管障害後遺症・パーキンソン病

YNSA®の鍼治療の大きな特徴は、脳梗塞、脳出血後遺症・パーキンソン病といった疾患に対して取り組んでいるところです。
脳内の障害を受けた部分や脳内の問題のある組織を変化・改善させることは難しいと思います。しかし障害を受けていない部分の働きがよくなり、その影響で脳内と身体全体の働きがよくなり生活の質の改善することは可能と考えま

例えば
無気力な状態から表情が明るくなり、家族と話をするようになる。
怒りっぽく興奮しやすい状態から穏やかになる。
リハビリに積極的に意欲的になる。
お通じがよくなる。
スッと眠れる、途中で眼が覚める回数が少なくなる。
震えが少なくなる時間が増える。
麻痺で動かない腕が軽くなり、動かしやすくなる。痛み痺れが軽減する。
着替えがしやすくなる。人に手を動かしてもらっても痛みが減る。
等が少しでも楽になることです。

YNSA(山元式新頭鍼療法)®の施術によって少しでも生活の質の改善が見られる可能性があります。
施術を続ける意味はあります。
私たちは、辛い症状で悩む患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。

脳卒中後遺症の症状の中に、顔面麻痺があります。
顔の表情を作る表情筋が片側麻痺してしまうので、顔の感覚が鈍くなり眼や口が動かしづらくなります。
例えば
・食事の時に食べ物が片側に寄ってしまう。
・唇を噛んでしまう。
・舌が動かしづらい、口の中と舌の感覚が片方鈍い。
・飲み物が口の端からこぼれてしまう。
・呂律が回らなくて会話しづらい。
・会話するのが億劫になってくる。
などの症状があります。
顔や舌を動かす神経は脳から直接でているので、脳に直接アプローチですることが大切です。
YNSA®の鍼施術では、脳にアプローチすることにより症状の改善に取り組んでいます。
さまざまなリハビリに取り組みながらYNSA®の鍼施術を取り入れ、発症から半年を過ぎても顔面麻痺などの症状が改善しているケースは多数あります。
諦めないで、ご相談下さい。
私達は脳卒中後遺症でお困りの方達の力になりたいと考えております。

失語症

脳卒中後遺症の一つに失語症があります。失語症とは、聞く・話す・読む・書くことの能力が低下してしまうことです。
施術を続ける事により、
・発語が多くなった。会話する意欲が出てきた。
・「ありがとう」「お願いします」などの発語が増え、介護する家族の気持ちが楽になった。
・トイレに行きたい時「便所!」と言えるようになってきた。
などの声を頂いております。
脳の可塑性により、障害を受けた部分を他のエリアが機能を補う可能性は充分考えられます。
失語症には様々なタイプがあります。
・運動性失語症:内容は理解できるが口や舌が上手く動かない。
・感覚性失語症:聞いた内容が理解できず意味のない言葉や言い間違いが多い。
他に、錯語・残後などの症状があります。
発症から半年を過ぎても、症状が改善する可能性は充分あります。
私たちは患者さんとそのご家族の方が笑顔をとりもどし、一歩前に踏み出すきっかけになりたいと考えています。

パーキンソン病

YNSA®(山元式新頭鍼療法)では、パーキンソン病特有の辛い症状の改善を目的に施術しています。
施術にすることにより
・一人で近くのスーパーまで買い物が出来るようになった。
・起床時の腰の痛みが軽減して朝の家事が楽になった。
・クスリを飲む時間になっても身体の震えが少なくなってきた。
・表情が明るくなって会話が出来るようになった。
・意欲的になった。
・食欲が出てきて食事が楽しくなった。
等の声をいただいております。
パーキンソン病の原因は脳の黒質でのドーパミンが少なくなることが原因であるといわれています。
手足や身体に症状がありますが、原因は脳の中にあるのです。
YNSA®(山元式新頭鍼療法)では、脳に働きかけて辛い症状の改善を目的に施術しています。
当院には、全国でも数少ないYNSA®の認定治療師が在籍しております。
私達は患者さんとそのご家族の力になれるよう取り組んでいます。

パーキンソン病は脳内でドーパミンという神経伝達物質が少なくなる病気と言われています。
神経伝達物質とは、体内の携帯電話の電波のようなものです。全身に指令・情報を送るので「メッセージ物質」という言われ方もします。
ドーパミンの他に神経伝達物質には「アセチルコリン」「セロトニン」等があります。
身体を動かす時は「ドーパミン」と「アセチコリン」が脳の中でバランスを摂りあっています。しかし、パーキンソン病では脳内でのドーパミンが少なくなり筋肉の動きを抑制する指令が強くなるのです。このため「すくみ足、手足が震える、方向転換が苦手、身体が傾く」等の症状がおこります。
その他「便秘、食欲不振、不眠、うつ症状」等の自律神経症状もあります。
便秘になると腸と脳内でのセロトニンが少なくなり、うつ症状の原因になると言われています。
私達はパーキンソン病の方とその家族の生活が、少しでも楽になることを目標に施術を行っています。

更年期障害

更年期とは、閉経前後の45歳から55歳くらいの時期を言います。更年期になると卵巣の機能が低下して、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減少し、この変化に身体がついていけず自律神経が乱れ、様々な不調が起こります。
これを更年期症状と言い、この中でも症状が重く、日常生活に支障を来すものを「更年期障害」と言います。
更年期障害の主な原因は女性ホルモンの急激な減少と言われていますが、そのほかに加齢などの身体的要因、性格などの心理的要因、家庭や職場などの環境的要因などが複合的に関与して発症すると言われています。
そのため、更年期症状はほてり、のぼせ、発汗、ホットフラッシュ、肩こり、頭痛、不眠、イライラ、うつ状態、不安感、食欲不振といった様々な症状が出ます。
これらの症状は自律神経の乱れが深くかかわっていると考えられます。例えば、のぼせやほてり、発汗は自律神経の調節がうまくいかず、血管の収縮・拡張の調節ができなくなることが原因と言われています。
YNSA®の鍼施術では、頭に鍼をすることにより自律神経を整え、これらの不調を改善していきます。お灸なども併用し全身を整えることも行っております。
また自律神経を整えるためには、普段の食生活の重要となりますので、当院ではYNSAⓇの鍼治療と併せて、食事のアドバイスをさせていただいております。

不眠

不眠には入眠困難(なかなか寝付けない)、途中覚醒(夜中に目が覚めてしまう)、早朝覚醒(明け方に眼が覚めてしまう)の他に、熟眠障害といわれるものがあります。
熟眠障害は寝ているつもりでも実は熟睡できていないという事です。
熟眠障害があると、寝汗・寝違え・歯ぎしり・朝から疲れている・朝食が食べられない・お通じが出ない等の症状があります。これらの症状は睡眠はとれているつもりなので、本人は熟眠障害の自覚はありません。
不眠には自律神経の働きが深くかかわっています。
人は昼間活動している間は身体を動かすため血圧・血糖値を上げて筋肉を緊張させるため交感神経が優位になり、夜は脳や身体を休めて回復するため副交感神経が優位になることは良く知られています。

ではなぜ睡眠がうまく取れなくなってしまうのでしょうか?
それは寝ている間は副交感神経が優位であればよいのですが、さまざまな原因で寝ている間に交感神経が優位になってしまうからです。
交感神経が優位になると汗をかいて身体が緊張するので寝違え・歯ぎしりなどの症状が出るのです。

なぜ夜中に交感神経が優位になってしまうのか?
原因は不規則な生活、仕事や家庭などのストレス、食生活の乱れ、栄養状態の低下、身体の代謝力の低下などです。特に自律神経がうまく働くためには良質なタンパク質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなどの摂取が大切です。
YNSA®の鍼施術では、自律神経の司令塔である脳にアプローチして自律神経の働きを整えることによって睡眠状態の改善に取り組んでいます。
YNSA®の鍼施術とあわせてお食事の事をお聞きしてアドバイスさせていただいております。

耳鳴り

耳鳴りには、キーン・ピーンという高音型、ブーン・ゴーという重低音型、その混合型の大きく3種類あります。
多くは高音型で、原因は加齢による聴力低下が多いといわれています。
聴覚の低下により聞こえにくくなった高音域の音を聞こうと脳が興奮して、音を作り出している状態と言われています。
耳鳴りが気になりだすと神経質になりがちです。少しの耳鳴りが気になってしまいます。酷くなると気になって眠れなくなってしまうこともあります。
精神的に強いストレス・不安があると自律神経が疲弊します。脳が疲労・興奮して自律神経が乱れて症状が長く続いてしまいます。
脳の疲労と耳鳴りは密接な関係があります。
YNSA®の鍼施術でには自律神経の働きを調整するポイントがあります。脳が疲れているとその診断ポイントに圧痛や、硬さがでてきます。その診断点に対応した頭皮のポイントに鍼をしていきます。
刺鍼して脳がリラックスすると眠気が訪れます。そのまま30分程休んでいただきます。
座ったまま施術が出来るので着替える必要はありません。
刺す瞬間「チクッ」とすることはありますが、刺す瞬間だけです。
頭に刺鍼しても頭蓋骨があるので、脳に刺さる事なく安全です。

顔面神経麻痺

顔面神経麻痺の原因は、ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスが顔面神経管の中で炎症を起こし、神経が圧迫されて変性することと言われています。
様々なストレスなどで疲労が積み重なった後、突然発症することが多いようです。
顔の半分が突然、ずり落ちたようになり、口角が片方下がり、食べ物や水を飲むとこぼれおちてしまいます。
眼も片方空いたままになってしまい、閉じる事が困難になってしまいます。
顔面神経は顔の表情筋だけでなく、味覚・涙・唾液・聴覚とも関係しているので、障害を受けた部位によって症状が変わってきます。
発症後はステロイドの治療を2~4週間行う事が一般的です。
YNSA®の鍼施術でも顔面神経麻痺に取り組んでいます。
YNSA®のポイントには脳神経を含む脳幹部もあり、顔面神経は脳神経の7番目になります。
また眼・鼻・口に該当するポイントもあります。合谷と言われるツボ・上腕部・首にある診断ポイントを見ながら頭皮にあるポイントに刺鍼していきます。
鍼の深さは2ミリ程度です。脳は頭蓋骨に覆われているので安全です。頭皮に鍼をしたまま30分程置きます。

お客様の声

当院をご利用いただいた
お客様の声をご紹介いたします。

練馬区26歳女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

駅から近いのが魅力的です。リラックスした雰囲気で、気持ちよく施術を受けることができました。

練馬区70代女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

お話しやすい先生でリラックスできます。今後ともよろしくお願いいたします。

70代男性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

気分的にリフレッシュすることができています。

50代 女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

治療を受けて少しづつ楽になり日常生活が楽になりました。

50代 女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

パソコンを使う仕事で眼が疲れます。施術後は眼の見え方が明るくなりました。

日野市 60代 女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

施術後痛みは全然有りません。左足に全体重を乗せても怖く無く屈伸運動も出来て感激です❤️頭もスッキリです。ありがとうございました。

板橋区 50代 女性

実際に利用された率直な感想をお聞かせください。

おかげさまで、頭と右腕が軽くなり、腕の調子は、良くなりました(^o^)/
あと、なんとなく、元気が出てやる気が出たように思います。またタイミングをみて、早めに予約しますね♪